Archive for the ‘Wisardの日常2009’ Category

久々のブログ更新となってしまいました。
訪れてくれている方々、申し訳ありませんでした。
6年生最終面談等で忙しく、ゆっくり書く時間がとれませんでした。
書くことも選んでいかないといけない時期になってきて、題材に苦しんでいたということもあるのですが…。
昨日、格好の題材を自ら提供してしまいました。
 
昨日の授業のことです。
どうやら昼食にあたったらしく、最高に体調が悪かったです。
あれだけしんどかったのも人生初じゃないかな、と思っています。
あまりにも気持ちが悪く、立っているだけでも吐きそうでふらふら。
顔色も真っ青だったみたいで、「先生、顔が怖い!!」と、言われたことのない台詞を言われたりしました。
調子が悪いのを悟らせずに完走しよう!と意気込んでいたのですが、開始10分で挫折することとなりました。
 
やっぱり、健康第一ですね。
体調万全でないと、最高のパフォーマンスは出来ないなーと痛感いたしました。
というわけで、珍しく授業が終わるとすぐ帰宅し、美しい妻が作ってくれたおかゆと瑞々しい林檎を食べてぐっすり眠りました。
全快!!完璧です。
ご心配をかけた方、申し訳ありません。
もう大丈夫です。
 
僕の代わりはいないので、今後は食べるものにも気をつけます。
生徒のみんなも気をつけて!
やる時はやる、というのがすごく重要です。
そのためには前提となる身体は大切にしてあげましょう!
 
↑上記には一部、真実と異なる部分もありますが、病み上がりにつきご容赦くださいね!!!

【2016年追記】
この時はWisardができて1年目、算数の先生が僕しかいなかった時期ですね。
余計なネタを投入しているのも若さを感じますね。
もう7年前とは、ほんとに信じられないです(笑)
 
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
またこのブログを読んでみよう!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

一昨年担当していた生徒のお話です。
2月1日。
国語のテストが終わっての休み時間のこと。
はたと漢字を一つまちがえたことに気づいて蒼ざめたそうです。
そこからミスを引きずってしまいそうな場面ですが、気持を切り換えて残りの科目に臨み、見事に合格しました。
 
さて、テストの時、自分のしてしまったミスに気づいて蒼ざめることができるでしょうか。  
あるいはそれ以前に、既に終わったテストの内容だとしても、考えるのを続けたり、自分の出来不出来を客観的に考えたりしているでしょうか。
(そもそも、休み時間にミスに気づくということ自体が凄いと思いませんか?)
 
こういう考え方は必死になってやっていると自然に身に付く技術でもあり、意識して身につけるべきテクニックでもあります。
冒頭に挙げた子も最初からこの考え方ができていたわけではありません。
毎日の勉強の中で少しずつ自分なりの取り組み方・考え方を手探りで探し、レベルアップしていったのだと思います。
自分の得意なところだったり、やってしまいがちなミスの仕方だったり…。自分に足りない部分を補うことです。
これは小学生にも十分可能なことだと思っています。
少なくとも、自己採点の点数と何十点もズレているようではまだまだですよ!
(最近のテストで目立って多かったので、少し苦言を呈しています)
 
ですが、何事も若いうちは経験だと思います。
次に活かせば問題なし!!です。
ミスに蒼ざめるくらい必死にやれば、きっと結果はついてきます。
 
【2016年追記】
一昨年といったら、もう10年近く前ですね。
彼の進学校は開成。
きっと今頃は前途洋々たる青年のはずです。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
また読んでみようと思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

2009年度入試の後日談です。
昨年担当していた生徒が面白い話をしてくれました。
冗談としては出来がいいですし、本当の話なら傑作だなと思います。
 
サンデーショックにより2月2日に行われた女子学院のグループ面接でのこと。
一生に一回の緊張する場面です。
初めに挨拶といくつかの質問を終えると、後ろのテーブルにかけてあった覆いが取り払われたそうです。
隠れていたもの…それはいくつかの野菜でした。
 
好きなものをとってその理由を話すという質問内容。
オレンジやりんごにブリッコリー、じゃがいも。
いくらでも選択肢があったはずです。
女性らしさをしっかりアピールする千載一遇のチャンス到来です。
しかし着慣れない晴れ着?に身をつつんだ彼女が手にとったのはなぜか生のニンニク。
 
%e7%94%9f%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%82%af
 
その理由とは……?
「家族でラーメン屋さんによく行きます。
これを丸ごとひとつ搾って食べるのが大好きです!!」
 
…………。
あのさぁ、それはただラーメンが好きなだけでは??
第一志望の面接でわざわざラーメン好きを熱く語らなくても…。
結果は…僕をふくめ多くの先生が太鼓判を押すほどの実力があったにも関わらず、なぜか不合格。
JGはそれほど狭量な学校ではないはずですが…。
まさかニンニクの呪い?
 
まぁ同じくらい志望順位の高かった慶応中等部に合格してくれたから、笑い話にできることです。
危ないところでした。
いい結果に終わってよかったです。
ヒヤリとしました。
 
教訓:面接でニンニクの話はやめましょう!!
 
【2016追記】この子がもう大学2年生とは、時がたつのは早すぎますね!!
もう前の前のサンデーショックの時のお話になってしまいました。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
ユーモアあふれるいい話ですね!と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村