Archive for 3月, 2010

この台詞は、教える立場の人の間では禁句とされています。
個人的には言おうと思って我慢した、という経験もないので、普段は意識に昇ってくることもないことばです。
 
さて先日。
ある4年生がこんな日曜日の過ごし方を話してくれました。
 
「国語をお母さんとやってたんですけど。ああ、よくわかんないなって思ってたところに、お母さんにどうしてわかんないの!って言われました。
そしたら、やっぱり僕も熱くなっちゃって。わかんないものはわかんないんだよ!って大喧嘩になってしまいました」
 
熱くなっちゃってって(笑)
4年生とは思えない語り口が可笑しかったです。
この手の親子バトルは百害あって一利なしなので、出来るだけ避けるようにご父兄(というかお母様)にはお話しています。
彼もやる時はやる子ですし、少しでも手を抜いてやろう、というタイプではありません。
今後は大丈夫でしょう。
そういえば僕は両親に「なんで出来ないの!」なんて言われたことあったかなあ、と考えてみると…。
 
ありました。
小学校の音楽の授業でハーモニカを扱う授業がありました。
(今はどうでしょう?)
ハーモニカは「吹く」だけでなく「吸う」動作も必要な楽器です。
そして僕はどうしてもハーモニカを「吸う」ことができませんでした。
それで母親に「なんであんた、そんなことができないの!」と怒鳴りつけられていました。
 
人間、つまらないことはいつまでも覚えているものです。
大切なことをどんどん忘れてしまうのに……。
 
あ、それから本題は「どうしてできないの?」なんて台詞はアマチュアの台詞なので厳禁、ということでした。
賢明なご父兄は決して口になさらないでください。
 
そのかわりに。
じっくり考える時間を与えてください。
あるいは子供と同じ視線で解説してあげるのもいいと思います。
 
【2016年追記】
6年前に書いた文章ともなると文体が微妙に違っていて、なんだか恥ずかしいですね。
そして、この4年生が誰だったのか、どうしても思い出せない……。
卒業生のことは1人として忘れていませんが、この発言をしたのが誰なのかがどうしても出てきません……。
 
それから、大切なことをどんどん忘れてしまうのに……。
という書き方。
個人的に大切な思い出を失ったような感触は覚えているのですが、それが何なのかもまったく思い出せません(笑)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
また読んでみようと思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村