Archive for 3月, 2015

この春、高校生になる卒業生がふらりと訪れました。
なんでも「春休みがあまりにもヒマだから来てみました」とのこと。
 

Wisardで学ぶ彼女は教育熱心なご両親のお子さんではありましたが、「今どんなことが必要なのか?」を自分でも考えられる視点を持っていました。
小学生らしくない小学生だった、と言えるかもしれません。
受験生になる段階で志望校合格へ道筋は見えており、その険しい道を涼しい顔で駆け抜けてくれました。
そろそろギアを少しだけ入れることを考える15才。
今はどんなことを考えているのかを色々と訊ねたのですが、勉強以外も充実した学校生活を送る一方で……
 
「いまは青チャートをまわしていて、フォーカスゴールドは参考書代わりに。
その前に4STEPは一通り解きました」
 
あっはっは。
これから高校に通う段階にしてはちょっと詳しすぎますね(笑)
ちなみにその3冊は内容・レベルはそんなに変わらないですが……
いま色々と試しているんでしょう。
そして、そのうちに全力で走り出す。
強いな、と思うのは能力だけでなく、経験もあることです。
 

我慢することも、やり抜く集中力も、まず方針を決める大切さも。
試行錯誤してから軌道修正する感覚も、悔しい思いをする時間も。
それを糧にする方法も、やり切ったあとの言葉にできない気持ちも。
もうずいぶんと知っているはずです。
まず戦術を実行することを知り、次に戦略を考えるようになる。
準備と決戦と休息。
これこそ10才から18才までの若者が学ぶべきことだと思います。
 

ちなみに最後に言い残していったこと。

「今年のWisardの実績がすごくよかったって、うちの家族で話題になっていますよ!」

…………。卒業してももう3年もたちますよ……。
やっぱり受験事情には詳しすぎなくてもいいかな(笑)
   
   
Wisard Facebookページ

 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
また読もうというお気持ちになった方はクリックをお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

新6年生の少年から唐突に投げかけられた質問です。
「いま、お母さんがうちに水素水をとろうか検討しているんですよ。
うふふ、健康にいいのよ~とか言って。
でも水ってH2Oですよね。もともと水素は入っているじゃないですか。
なんでH2Oに水素を溶かすんだ!って思うんです。そこのところどうなんですか?」
 
僕の質問の解答よりも君の発言の方が十分面白いよ!と思います。
あとで調べてみて、(酸素と結合していない)分子水素を溶解させている、水素は小さいためペットボトルなどは透過してしまうからアルミパウチのことが多い、などのことを学びました。
おかげで少し賢くなってしまいましたよ。

こういう目の付けどころをセンスと呼ぶのでしょうか。
さらに発想だけでなくて、しっかり人に伝えられるということを得難いことだと感じます。
そういえば彼は以前、こんなことも言っていました。
春のお祭りのことが話題の上った時のことです。
 
「オバケ屋敷よりももっと怖いものを見てしまいました。
去年はお祭りの初日に少し早く着いてしまったんですが……
そうしたらおみくじコーナーのおじさんが、おみくじをひたすらグルグル回して1等の赤い球だけを取り出していたんです。
血眼に、っていう雰囲気で。あれは本当に恐ろしかった……!!」
 
話題縦横ですね(笑)
これは只者じゃない。
そんなオーラをひしひしと感じています。
 
  
   
Wisard Facebookページ

 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
また読もうというお気持ちになった方はクリックをお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

今日の授業で、数学を学び始めた卒業生とお話をしている時のことです。
なぜだかご両親のお話になり、彼のお父さんとお母さんがとても若いことが話題になりました。
彼が言うには……「うちの両親は学生の頃から知り合いだったんです。
お父さんが大学を卒業してすぐに、僕は生まれたんですよ!」とのこと。
 
なるほど、それなら頷けますね。
お父さんは日本で知らぬ人のいないトップ高校のご出身だそうですから、全体的に結婚は遅めのはず。
さぞや同級生から羨ましがられたことでしょう。
お二人で授業参観にいらっしゃったりしたら、すごく目立つだろうね、というと「いや、お父さんは仕事が忙しいので来ません!」ということでしたが…。
 
  
と、ここでふと我に返りました。
………。………。………。あれ?
………僕も油断していたら、生徒のご両親よりも年上になる時が迫ってきていますね。
ついこの前まで、若手実力派講師だったのに、おかしいなあ。
ここ数日の春の陽気に騙されたような気持ちです(笑)
 
  
   
Wisard Facebookページ

 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
また読もうというお気持ちになった方はクリックをお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

今年は桜蔭に2名合格しているのに、どうして進学者が1名なんですか?
と今月になって何人もの保護者の方に尋ねられました。
その生徒にはもっと行きたい学校があったからです、ということ以上は申し上げられないのですが、そういう細かいところを見てらっしゃる方もいらっしゃるんですね。
 
さて、彼女の能力もWisardでの頑張りももちろん印象的な生徒でしたが、今日書くのは入試が終わってからのこんなエピソードです。
お母様からいただいたメールに、こうありました。
 
進学校に入学手続きを済ませて駅へ向かう道中で、娘が「これでWisardに恩返しが出来た」とポツリと申しました。
  
  
そんな発想、普通はあまりないですよね?
さすがだなと感心していましたが、さらに先日の卒業生が集まった日のこと。
解散のお時間になっても彼女はお友達となかなか帰ろうとせず、言いたいことがありそうな様子でもじもじとしていました。
どうしたの?と声をかけると2人で顔を見合わせ、意を決したように口を開きました。
 
「先生、今までお世話になりました」
「これまでどうもありがとうございました」
 
……この気持ちを表すのはとても難しいことです。
改まってお礼を言われるほどのことはしてあげられませんでした。
いや、むしろお礼を言いたいのはこちらの方です。
でも、そんな言葉を口にできる12才。
君たちの未来は輝いている。
きっとすごい大人になるだろう、そう思わずにはいられません。
 
  
   
Wisard Facebookページ

 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
また読もうというお気持ちになった方はクリックをお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

昨日、3月10日の授業前、一人の青年がWisardを訪れました。
彼は前塾時代に担当していた生徒です。
 

医学生誕生!
 
 
1年間浪人していることは知っていましたが、今年の入試で東北大学医学部に合格しました!という報せでした。
優秀な若者に育ちましたね。よく頑張りました!
臨床よりも研究に興味があると話していましたが、いいお医者さんになることでしょう。
合格発表は昨日の夜だったそうで、昨日眠るときの彼の気持ちを考えるだけで、こちらも嬉しい気持ちになります。
(そう話したら、昨日は寝ていません!とのことでしたが)
 
もう明日には仙台に向かい、部屋探しを始めるそうです。
彼の人生が、今後さらに加速していくことを願っています。
 
 
さて帰り際の会話。
「そういえばWisardのことはうちの母は今でも気にしていますよ。
今年度の実績はどうだったのかなって」
「あっはっは。それはどうもありがとう。お礼を言っておいて。
それじゃあね。合格本当におめでとう」
「ありがとうございます。じゃあ先生も……末永く頑張ってくださいね」
僕を励ます余裕まで生まれたとは何よりです(笑)
 
 
  
 
そういえば、HPを新しくした時にFacebookページを作りました。
プライベートではやっていないので、いまいち使い方がわかっていないのですが…。
我々を知ってる生徒、ご家庭の方々はとりあえず、いいね!してみてください!

Wisard Facebookページ

サピックスで僕を知っている生徒やWisardの卒業生、あるいはご家庭同士がつながるきっかけになったりするかもしれません。
ちなみに開設より数か月……いまだにいいね!は1個だけです(笑)
 
 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
また読もうというお気持ちになった方はクリックをお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村