Archive for 11月, 2016

Wisardの5年生の女の子としたお話です。
授業中、彼女がこんなことを口にしました。
 
「パパが中学入試の面接ガイドブックみたいな本を、
ヤフオクで落として読んでいたんですよ」
 
「お父さん、準備がすごく早いなあー。
さすが、一歩も二歩も先を読んでいるんだね(笑)」
 
「それで私もパラパラっと中身を見てみたんですけれど。
面接でよく聞かれる質問の中に
「無人島に何か一つだけを持っていくとしたら、何を持っていきますか」
っていう質問があったんです。
先生なら、何を持っていきますか?」
 
そうたずねられて、うーんと考え込んでしまいます。
というか、本当に聞かれるんですかね、その質問は?
こういう時は、自分で答えないに限るというのが経験則から得た対処法です。
 
「じゃあ君だったら、何て答えるの?」
 
「そう、うちの家族でもその話題になったんですよ。
それで私はパパって答えたんです。
何かと役に立ってくれるんですよ!」
 
そうニッコリ笑って、ためらいなく言い切りました。
 
 
…………。
……………………。
 
パパ、その答え、嬉しかっただろうなあ(笑)
ちょっと、ズルいくらい!羨ましすぎますね。
お父さんにとっては、最高の解答ではないでしょうか。
ただ面接では、自立していないとマイナスに判断されるか、温かい家庭で育ったお子さんだとプラスに評価してくれるのか、どうなんでしょうね。
僕は試験はペーパー勝負、面接は最低限の準備さえしておいて、平常心で素直に答えればOKと思っているので、その是非はそれほど気にならないですが……。
 
そして、彼女はこんなことまで付け加えてくれました。
 
「お母さんは、そうね、パパはちょっとふっくらしているから、
いざとなったら食べられるものねって言ってくれたんです。
でも、私はマズそうだから、絶対食べたくないんですよね!!」
 
ユーモアあふれる素晴らしいご家族だね、
という以外の感想が出てきませんでした(笑)
 
【追記】
面接のお話で思い出しました。
消えてしまった過去の記事を1本再アップしておきました。
ご興味のある方はどうぞ!
 
受験と生ニンニク
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
いい話だね!そのパパ、羨ましすぎ!!!と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

昨日の授業中のことです。
 
「先生、明け方に大きな地震があったじゃないですか。
その時、どうしていました?」
 
ある生徒がこんなことを言い出しました。
僕がどうしていたか、を話してもまったく面白いお話にはならないので、こんな時は生徒たちに尋ねることにしています。
 
今回面白かったのは、その時の答えにかぶりがなく、みんなが違ったことを口にしていたことでした。
こんな具合です。
 
 
「グラッと来たので、それで一瞬起きたんですけれど、10秒後にはまた眠りに落ちていきました」
 
これが普通かな、と感じます。
この子は東日本大震災の時は、保育園で昼寝の最中で気がつかなかったと言っていたので、少しだけ成長していますね(笑)
 
「揺れたので目が覚めて、もう眠らずにそのまま起きて動き出しました」
 
寝起きがいいということですね。
すごくよいことだと思います。
 
「あの時間にはもう起きていて、学校に行く準備をしていました!」
 
おぉー。埼玉から都内の私立に通うというのは大変ですね。
早朝5時過ぎにはいつも起きているというのは凄い!というか偉い!!
 
「全然気がつかなくて、ぐっすり眠っていました。
地震のお話はあとになって聞きました……」
 
そんなに申し訳なさそうに言わなくても大丈夫(笑)
ぐっすり眠れることは素晴らしいことです。
 
 
そして、こんな生徒もいました。
 
「兄弟がこわいって言うので、布団の中で、2人でくっついていました」
 
くっついてどうする?(笑)
ほほえましい絵図ですね。
 
 
こういうお話にはオチが必要なのですが、最後の少年がしっかりと決めてくれました。
 
「オレ、地震が起きる30秒くらい前に目が覚めるんですよ。
初期微動がわかるので、起きちゃうんです。
本当ですよ!!
だからボーっとして、部屋を眺めていました」
 
……………。
……………本当か?(笑)
彼はどこか野性味のある少年なので、もしかしたらとも思ったのですが、いちいちお話を「盛る」ところもあるので、教室は大爆笑。
 
こういう時は笑ってしまっていいものか、すごく迷います。
僕の知識がないだけで、本当のことかもしれないですから。
(実際、調べてみたらこういう人はけっこう多くいるようです)
 
今回は彼の語り口があまりに面白くて、笑ってしまったわけですが……。
次に彼に会った時は、笑っちゃってゴメン、ほんとにそういう力があるんだね、と謝りたいと思っています。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
全員違う反応をしていた、っていうのは確かにちょっとすごいかも!と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

昨日、考え事をしながら散歩をしている時のことです。
お子さんを連れたご夫婦に声をかけられました。
3人揃った写真をとってほしいというお願いでした。
もちろん快くOKし、パシャリパシャリ。
 
ここまではなんでもない日常です。
さて、スマートフォンをお返ししての別れ際。
お互いに背を向け合った刹那のことです。
ご夫婦のことばが耳に入ってきました。
 
「優しいお兄さんでよかったね」
 
 
………。
 
 
優しいお兄さんでよかったね
 
 
大事なことなので、思わず2回書いてしまいました。
 
散歩の後半は足取りも軽く、いいアイデアもたくさん思いつけたような気がします。
あぁ、最高の1日だった。
さあ、また今日から頑張ろう。
そんな気持ちになりました。
 
 
……………ふざけた内容で申し訳ありません。
次回からはまた、役に立つ記事を更新したいと思います。
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在55人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
うーん、その気持ちはよくわかるなあ、と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

コンコン。ガチャリ。
 
夜もとっぷりと暮れた22時過ぎ。
 
まだ少し風邪が残っているし、早く帰らなくてはと身支度をしていた時のことです。
 
Wisardの扉が開き、黒づくめの人影が入ってきました。
こんな時間に!ぐわっ!まずい!武装強盗だ!
応戦しなくては!武器はどこだ!!?? (↓イメージ映像)
 
%e3%82%a2%e3%83%99%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f
 
………………。
よく見てみれば…………コートを着た卒業生の女の子でした。
あぁ、よかった………。
なんでも、高校生になって数学の成績がグッと上がったので、それが嬉しくて立ち寄ったとのこと。
彼女がそう言うからには、相当な手応えがあったんでしょう。
最近、卒業生のこういう嬉しいお話を聞く機会がたまたま重なりました。
 
中学に入ってから息子が全然勉強しなくなった、とこぼしていたお母さまから、「最近になって、こわいくらいに集中して勉強している」ということを聞いたこともありました。
 
いいですね。
その集中力こそ、いちばん応用がきく力なんです。
 
それから、こんなことを話している生徒もいました。
「行きたい大学と学部が決まったので、勉強し始めました。
中学入試の時は、言われたことをただやるだけだったけれど、自分で考えてやってみる方が面白いですね。
とりあえず、高校の実力試験の順位が200位上がりました。
これからです」
 
こうして文字で書いてみると、すっかり一人前のセリフですね(笑)
 
 
さて、18才くらいまでの学生が何かに取り組む時、それが人生にどんな影響があるのか、ということまではほとんど考えていないように感じています。
(だから、ご両親の「勉強しろ」という言葉に、あまり意味がないんでしょうね)
 
ただ、目の前にあることに興味を持って取り組んで、チェックポイントをクリアして……その結果、未来が開けてくる。
ずっと関わっていきたいことが見つかって、それをやり遂げる実力も自然と備わっている。
 
そんな形になってくれたらいいな、と思っています。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在55人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
昔の記事へのオマージュ、それともネタ切れ??と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

北風を感じる季節になりました。
アベもちょっとだけ風邪気味に。
まあ、一冬に1回くらいは仕方ない、ということで早めに治したいと思っています。
体調管理も実力のうちですものね。
 
さて、ふと小学生の体調不良との付き合い方のことが頭に浮かびました。
お勧めの方針を書いておこうかと思います。
 
 
小学校
→ご家庭による。
個人的には、体育に参加できるくらいなら出席した方がよいと感じます。
 
大手塾の授業(振替のきかない集団塾)
→這ってでも行く。
 
個別塾の授業(振替のきく学習塾)
→お休みし、できるだけ早く振替授業を受講する。
 
家庭学習
→一切しない。100%に戻るまでは勉強絡みのことは何もしない。
体調万全に戻ったら取り返せばOK。

 
テスト
→微妙。80%の体調であれば行った方がよい。
 
入試
→基本的に這ってでも行く。
ただし、リカバリーがきく入試であれば休養も選択肢。
リカバリーがきかない入試の場合でも、その後の日程と総合的に判断。
 
こんなところだと思います。
(もちろんインフルエンザ等、流行り病の疑いがある時は除きます)
いくつか補足しておきましょう。
 
 
小学校
→ご家庭の判断。
 
大手塾の授業
→塾の授業を受講することは、小学生にとって最良の学習方法です。
(必修単元を履修している時は特に)
塾の授業内容を家庭で補うには、少なくとも1.5倍の時間がかかります。
それから、なんとしても塾は休みたくないというメンタリティをもった生徒は、勉強に取り組む基本姿勢ができています。
サピックスで授業を担当していた立場から言うと、欠席の多い生徒は結果が出づらいと感じていました。
休まないからよい生徒なのではなく、よい生徒だから休まないわけなのですが……わかっていただけるでしょうか。
 
個別塾の授業
→無理をする必要がありません。
(Wisardはこれにあたります。
授業の人数がギリギリで、日程に関して必ずしもご要望に沿えないことが心苦しいのですが……)
 
家庭学習
→これが一番伝えたいポイントです。
基本的に学習は小学生らしい生活があってのこと。
体調不良でも頑張って机に向かう姿勢は評価できますが、効率はどうしても悪くなります。
ご家庭では、準備万端で臨んだ方が学習効果が高いということを教えるべきです。
まして、風邪/寝不足/著しい疲労 の状態で勉強させることは絶対に避けるべきです。
 
テスト
→これは難しいですね。
基本的には受験してほしいのですが、頭が冴えた状態でないと、生徒の得点力は想像以上に低下します。
無理をして受験しても、いい結果はほぼ出ないと思ってください。
ただ、試験から逃げたくない、準備もしっかりしたし、受験したい、という気持ちを生徒自身が持っている場合は、堂々と送り出してあげましょう。
結果が悪くても、いい経験と言えるはずです。
 
入試
→こればかりは、状況によって判断するしかありません。
 
以上です。
 
おお!!
珍しく一般受けしそうな内容になりました!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在55人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
うん、頷ける。役に立った!!!と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村