開成と桜蔭 その1

今年の6年生には開成と桜蔭の受験生がいません。
Wisardは超難関を目指す生徒のためだけの塾ではありませんし、特にこれといって感慨もありません。
 
ただ、〇〇中学校に進学したいからいい塾はないだろうか、と探す時、その学校への合格者が出ているかどうかは大きな指標にはなりますよね。
ですから進学者を出せない年度が続けば、そのレベルを目指す生徒はもう来てはくれないだろうな、とぼんやりと考える程度です。
 
Wisardは門を叩いてくれた生徒に合わせて、目一杯力を伸ばしてもらうというコンセプトなので、いつかそういうことになってもまったく不思議はありません。
むしろ1期生から7期生まで、常に開成/桜蔭を目指す生徒がいたことが不思議なくらいだなと感じます。
 
ただ、前塾時代は特にそうでしたが、最難関を目指す生徒を教えることに大きなエネルギーを投入してきたことも確かですから、やっぱり思い入れはあります。
今年は開成/桜蔭を受験する生徒もいないことですし、思っていることを少しずつ文章にしておこうかと思います。
 
かなり長いシリーズになってしまうかもしれません。
よろしくお付き合いください。
 
その2へ
 
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在57人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
おぉ!!たまにくる真面目な更新が来た!!と思った方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。