7月 27, 2017 | In: Wisardの日常2017

恐怖体験@夏期講習 (前編)

僕が小学6年生だった時エピソードのことを書きたいと思います。
以前はよく授業でお話していた気がするので、聞いたことがある生徒も多いかもしれません。
 
サピックスに通い始めてしばらくした頃のこと。
新コースに変わって、最初の通塾日の初めの科目が理科でした。
(ちなみに理科は当時とにかく大キライでした)
よく知らないクラスメイトと初めての先生。
いつもと違う緊張感があったことを覚えています。
 
先生が入ってくると、早速知識のテスト。
あっという間に終了し、恒例の点数申告タイム。
 
「100点の人!」
 
7割くらいが一挙に手を挙げます。
先生は満面の笑みです。
 
「90点の人!」
 
4人くらいでした。
先生も1ミスならまあ許す、次回は頑張るように、というお話をしていました。
 
「まさかいないと思うけど…80点の人!」
 
手を挙げたのは1人だけでした。
 
ここで雰囲気が一変!
ニコニコしていたはずの先生が
いきなり鬼の形相に豹変し、激怒し始めました。
 
「やる気がないなら帰れ!
クラスの足を引っ張る奴はここにはいらない!
おまえは次から○○コースだ!」
 
みたいなお話でした。
集中砲火を浴びているクラスメイトは蒼白になり、涙目です。
しかし、視線を落とすと僕の点数は……30点
 
 
「これはヤバい。
こ、ころされる…」
 
そう思ったのでした。
(後編に続きます)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
それは、逃げるしかないねー!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

コメントを投稿する