【中学受験】SAPIXの霜山先生(イモ)

 
突然ですが、今回は僕が強く影響を受けた先生のことを書こうと思います。
 
SAPIXの初代塾長 霜山先生。
 
僕が知る限り、最高の算数の先生です。
「カリスマ講師」という表現がピッタリの凄腕の先生でした。
僕も中学入試の算数を生業としている以上、
この分野においては天下無双でありたいと思っています。
ですがあの人に並ぶことはできても追いこすことは絶対にできない、
いまだにそう感じるくらい素晴らしい授業をしてくれました。
もうサピックスには籍がないと伺っているので、伝説レベルの先生ですね。
霜山先生の授業で成長した「霜山」チルドレンはとんでもない人数のはずです。
 
 
見た目はちょっと小柄なずんぐり体型、さらにちょっと髪の毛がさみしいこともネタにする先生で、もう動いているだけでユニークなオーラがにじみ出ていました。
あだ名は「イモ」(笑)
 
 
サピックスのイモ
 
ですが何と言っても授業が本当に面白かったんです。 
すごくよく覚えているのは、手も足も出ないような難しい問題でも、
解説のスタートはいつも
 
「おまえたち、
こんな問題、
カンタンじゃないか!」

 
だったこと。
そしてその後の火花散るように鮮やかな講義。
 
子供ながら
「何だかほんとに簡単に思えてきた!
うわぁーこの先生、ヤバい!」
と思ったことを覚えています。
  
 
「アベ、お前はバカだな。
そんな問題、式だけで解けるわけがないだろう。
図を描け!
自分のアタマを使いやすい形にするんだ」
そう怒られたこともよい思い出ですし、
逆にごくたまに褒められた時はすごく嬉しかったものです。
  
 
サピックスで新人だった時代、
同僚の先輩に霜山先生のような授業をしたい、と話したことがありました。
その時にこんなことを言われました。
 
「阿部先生には先生なりのやり方がある気がします。
無理に模倣することはないでしょう。
霜山先生も、教え子が自分を目指すことなんて望んでいないはず。
自分なりのアプローチを考えて、同じくらい優れた先生を目指したらどうですか?」
 
 
これがとてもしっくりくる言葉で、今も頭に残っています。
僕はイモにはなれませんが、僕にしかできないことだってきっとあるでしょう。
それを忘れずに、ずっと向上していたいですね。
 
↓Facebookを活用し始めました。いいね!お待ちしています。

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとしてブログランキングに登録しています。
自分で天下無双とか、恥ずかしくないですか?と思った方はクリックをお願いします。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。