5月 9, 2018 | In: Wisardの日常2018

【中学受験】こどもの本 総選挙

「こどもの本 総選挙」というイベントがあったのをご存じでしょうか。
 
子どもの本 総選挙
 
全国の小学生が面白い本を選んで投票し、ランキングするというもの。
ポプラ社が行っているイベントですが、あらゆる書籍を対象に投票を募ったようです。
結果も発表されています。
公式サイトはこちら
 
 

こどもの本総選挙 感想

 
・小学3年生までがこぞって投票した感が強い!
・シリーズものが強い。
(怪傑ゾロリ・おしりたんてい・サバイバル・銭天堂など上位100位までに何冊も入っている)
ヨシタケシンスケさん、みんな好きなんだなぁー。
・Wisardの本棚と全然かぶっていないな。ちょっと注文しておこう!
 
といったところ。
ちょっと絵本率が高すぎる気がするのと、シリーズ物は1冊とカウントしてもいいんじゃないかなぁとは思いました。
でも、すごくよい企画だと思います。
どんな人が見ても、なにかしらの発見がありそう。
きっと小学校の図書室には100冊全部が入荷されるでしょうから、生徒には全部を読んでみてほしいですね。
 
 

Wisardで人気がある本の中で、こどもの本総選挙上位に入っている本

 
・ぼくらの7日間戦争
・都市のトム&ソーヤ
・ハリー・ポッター シリーズ
・5分後に意外な結末
・君たちはどう生きるか
・空想科学読本
 
くらい。
意外と少ないですね。
 
 

こどもの本総選挙でランキングに入っていなくて意外だった本

 
・シャーロック・ホームズ シリーズ
・アルセーヌ・ルパン シリーズ
・パーシー・ジャクソン シリーズ
・ズッコケ3人組 シリーズ
・ドリトル先生 シリーズ
・バッテリー
・黒魔女さん シリーズ
・エルマーの冒険
 
などですね。
このあたりは確実に入ってそうだと思いましたが、以外にも落選。
時代が変われば、子どもたちが読む本もかわるんですね。
 
 

こどもの本総選挙 まとめ

 
とりあえず1位になっている、「残念ないきもの辞典」は気になったので、注文しておきました。
それ以外は、絵本でなければ生徒から注文があったものを入荷しておく予定です。
僕が読んだことがあるのは、100冊中15冊でした。
思ったよりも少なかったです(笑)
 
「みんなが面白いっていうのなら、ちょっと読んでみようか」
そんな形でもいいと思います。子どもたちの読書のきっかけになるのであればいいですね。
読書はとても面白く、さらに賢くなる最高の趣味です。
 
最後に、1つだけ進学教室らしいことを。
国語科の畠中によると、この中から中学受験に出題されることはまずないだろう、とのことです。
受験的にはまったく無視してよさそうですね。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
選挙の存在を全然知らなかった!! あるいは、たしかに面白いイベントだよね!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

コメントを投稿する