【中学受験】受験生たち。自由のために戦え。2019

 
いよいよ明日は2月1日。
多くの受験生が第一志望校の入試を経験する日です。
Wisardが送り出す生徒はこれでⅩ期生ということになるのですが、いつまでたっても慣れません。
受験生たち自身と似た緊張感を感じているような気がします。
 
大切なことは授業の中で全て伝えてきたつもりです。
最後につけ加えることは一つだけ。
 
 
「中学受験は親が9割」
 
なんていうことばがあります。
僕は全くそう考えておらず、
 
「中学受験は本人が10割」
 
と常々思っています。
 
これから受験の本番に臨む君たちには特に、しっくりくるのではないでしょうか。
そう、試験場で力を尽くすのは受験生自身。
お父さんもお母さんも先生たちも、君たちを助けることは絶対にできません。
君たちが主役なんです。
 
 
そして、だからこそ価値があるんです。
これからの人生、人に与えられたものではなく、自分の力で勝ち取ったものに価値を見出す人間になってほしいと思って、君たちと接してきました。
6年前のことを思い出してください。
小学校に進学する時、「小学校入学おめでとう!」と色んな大人に言われ、もしかしたら入学祝いなんてものも頂いたかもしれません。
でも全然ピンとこなかったのではないですか?
今思えば、それほど嬉しくもなかったのではないでしょうか?
 
でも、合格した中学校に進学するときの気持ちは違うはずです。
きっと、すごく誇らしいはずです。
ふん、別にそんなことないぞ、なんて言う生徒がWisardにはものすごくたくさんいそうですけれど(笑)
心の中では、自らに誇りを感じるという何事にも代えがたい経験ができるはずです。
 
 

 
 
そのための準備を1年間かけてしてきました。
自分が6年間成長する環境は、自分の手で勝ち取りましょう。
入学してみたら、周囲は同じ経験をした生徒ばかりで、合格したことは何のアドバンテージにもなりません。
その環境で、もっと大きく成長してほしいと思っています。
 
大丈夫!
心配はいりません。
すでに十分な訓練を積んでいますから、試験開始とともにアタマが自然と回転し、ペンが動き出すはずです。
体調万全で席についてください。
健闘を願っています。
 
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
頑張れ!!!!!!!!!!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

4 件のコメント

  • いよいよ決戦ですね
    Wisardの生徒さんの志望校合格をお祈り申し上げます

    娘は新小2ですが、Wisardのことなど伺いたいことがありますので、生徒さんの受験が落ち着いたらメールさせて頂きたいと考えておりますが、よろしいでしょうか?

  • 阿部先生 こんばんは

    私、長女が入塾間もないころ、「中学受験は親が9割」論?とともに過ごしていました(笑)そんな時、主人から、「今の二人を見ていると、誰の宿題で誰のテストで誰の受験か分からないね!」と言われ、ちょっとムカッときてしばらく口利いてあげなかったのです(笑)

    『親が9割なんでしょ!私が頑張らなきゃなんでしょ!』と必死だったので…

    でも、数年経った今、あの時の言葉の本当の意味が分かったような気がしています。

    先生が書いていらっしゃるように、どうしたって最後は子供が一人で戦って行かなければならなくて、親は校門まで無事に送り届けることしかできないんですものね…

    そして、子育ての究極な着地点も、親は子供を残して逝かなきゃならないのだから(特別なことがない限りは)、『世の中を一人で戦える人にする!』ってことなのではないかと考えます。って、テーマが壮大になっちゃいましたね(笑)

    大切な日の前日に失礼いたしました。

    Wisardの生徒さんをはじめ、受験する全てのお子さんが無事に学校に到着して、「始め!」の合図を落ち着いて聞けますように…

  • >クマジローさん

    応援のコメントをありがとうございます。
    お問い合わせにつきましては、メールでご連絡をいただければ対応させていただきます。
    よろしくお願いいたします。

  • >2581さん

    応援のコメントをありがとうございます。

    もちろん、中学受験にはご家庭のサポートは大切です。
    ですがご両親にできるは、環境を用意してお子さんの成長を待ち、見守ることが一番です。
    結局のところ、お子さんに競争して前進する意思がなくてはなりません。
    それが1人で生きていける大人として社会に送り出すことの初めのステージだと考えています。

    中学受験については特に、ご両親の役割が複雑で時には毒にも薬にもなります。
    「結局のところ本人次第」というスタンスの方が、よりよい準備ができるのではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。