前回の続きです。
 
中学受験のスタートは遅くてもよい、という内容を書く予定でした。
ですが、とんでもなく長い原稿になり、まだまとまりがつかないため、エッセンスだけを簡潔に伝えようと思います。
 

先取り学習はほとんど意味がない

 
専門の教師が受験勉強を始める生徒を見るとき、一番重視するのは、
 
文章を読む力があるかどうか
考える習慣があるかどうか
学ぼうとする意欲があるかどうか

 
です。
読解力と好奇心があり、簡単に諦めない粘り強いメンタルを持つ生徒が最もよく伸びることを、経験上よく知っているからです。
そして、どれくらい多くのことを知っているか、は二の次です。
ただ先取りをしているだけの生徒と、本当に浮き溢れている生徒は印象がまったく違うんです。
 
知識量をストロングポイントにしている生徒は、「抜かれていく受験生」になります。
これは中学受験にも大学受験にも共通しています。
 
 

子どもは大きく育て。
受験に対する適応なんか、最後の少しでいい

 
塾の教室で学ぶことばかりが勉強ではありません。
 
たっぷりと食べ、眠り、身体を動かすこと。
たくさん笑い、泣き、家族の愛情に守られて育つこと。
夢中になれるものがあること。
小学校の勉強で物足りない場合は、身近に適切な教材があること。
生活の中でそれなりに新しいことを学ぶ習慣・環境があること。

 
それができていれば、ゆっくりスタートしても追い上げられます。
知識がいらないとまでは言いませんが、「物知りである」ことと「頭がいい」ことは異なることです。
「成長が速い」ことと「能力が高い」ことも、やはり同じではありません。
9月から始まるWisardの3年生の授業も、勉強っぽいことといえば、わり算の筆算の練習くらい。
それ以外はパズルばかりです。
既に知っている知識「だけ」を使って、考える練習をするように方向づけるのが、低学年のコーチングの目的です。
 
 

勉強はずっと続くもの

 
「合格したら遊べる」というような誘い文句を聞くことがありますが、これは真っ赤なウソです。
学校に通うのは勉強し、実力をつけるため。
何かを学ぶことに、〜したら終了ということはなく、生きている限りはずっと新しいことを学んでいくんです。
もちろん、教室以外でも。
 
ですから、幼少期に多くの知識を詰めこむことよりも、人生ずっと学んで行くための土台となる姿勢を身につけることが大事なのではないでしょうか。
受験する以上は、合格には絶対にこだわってほしいですが、それは「自分の人生を始めるための準備」の一部であって、合格そのものが至上命題ではないように考えています。
 
 
さて、冒頭のお話に戻します。
ゆっくり受験勉強をスタートし、伸びきる前に入試を迎え、志望校になんとか合格した生徒。
やればできるという感覚を中学進学後も保つことができ、勉強に対して、あるいは数限りなく訪れる試練に対して、前向きになれるのではないかと感じています。
そう思うと、成長がより楽しみに思えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
などと言いつつも‥‥。
6年生の授業の中では、
 
「受験生は受かる生徒と、落ちる生徒の2種類に分かれる。
生きるか死ぬか、みたいなものだ。
みんな、合格したいんだ。
その中で生き残りたければ、最善を尽くすのは大前提!!」

 
などど言ってばかり。
最後の1年間に限っては、「勉強はずっと続くものだ」というメッセージよりも、「とにかく合格に向かってガムシャラにやろう!」という論調になります。
言行不一致を自覚しているのですが、こればかりはいたしかたないことなんですよね‥‥。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
読む価値はぼちぼちあったかな、なんとなく言わんとしていることは伝わった!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

Wisardを訪れてくれた、卒業生とお話をしている時のことです。
まだ小学生の妹さんのお話が挙がりました。
 
「妹は、すごく成績いいらしいんですよー。
勉強は全然やってないように見えるんですけれど、なかなか成績は落ちないですね。
たぶん、授業中にうまいことをやっているカンジです」
 
兄弟姉妹関係もいろいろあります。
下のお子さんが上のお子さんをしっかりリスペクトしているケースもありますし。
お互いにライバルというか、意識して負けたくないという気持ちがある場合もあります。
以前には、こんな記事も書きましたね。
 
弟をサピックスに入れるのはやめてくれ!
ワイルドサイドを行け。
 
この子の場合は、下の子が好調なのを素直に喜んでいて、優しくていいお姉ちゃんだなという印象を受けました。
ここまでは普通。よくある話です。
 
 
ただ、ここからの一言が鮮烈でした。
 
「でも、中学受験向けの塾で4年生からスタートなんて、絶対ズルいですよね!!
私は5年生からスタートだったから、はじめは理科・社会が全然わからなかったです。
むしろ、ずっと苦手だったような気がします」

 
よくわかっていますね!
状況をすごく客観的に見られているなあ、と感じます。
大手塾が、泣いて喜びそうなセリフですが(笑)
 
実際にその通りで、もう少し早くスタートしていたら、もっと楽に合格していたかもしれません。
でも、それはそれでよいと思っています。
彼女は損をしたわけでは、全くありません。
遅めのスタートで苦労しながらだったかもしれませんが、最終的には第1志望の合格に漕ぎつけました。
また、塾での成績やコースも、最後のそれが一番高いものでした。
 
追い上げる力を持っていたこと。
短期間集中で、真剣に取り組んだこと。

 
それこそが財産として、今後に活きてくることです。
 
中学受験はゴールでも何でもあるません。
準備期間が2年間、特に1年半より短いと、完全な追い上げ型の入試になります。
つまり、最後の数ヶ月まで成績が上がり続けた状態で本番を迎えることになります。
そうすると、いまが自分の限界だという感じがしません。
それを感じる前に本番が来てしまうからです。
 
 
でも、それはそれでいいんです。
その先があるからです。
彼女も口では「ズルい」と言ってはいても、本当に羨ましくなんて思っていません。
自分の通って来た道も悪くなかったと感じているんですね。
それがすごくいいなと感じました。
 
もう少し書きたいことがあるので、次回に続きます。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
理社が1年遅れのスタートになるのは、確かにかなり影響があるだろうね!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

前回の続きです。
 
伝統のある男子校であり、有力な進学校である海城。
それと比べると、渋渋は学校の雰囲気が比較的つかみにくいと思われます。
(この前提は、この記事を書いているアベが同系列に属する駒場東邦の出身であることが大きいです。
そのため、読者のみなさんの感覚とは異なるかもしれません)
 
今回は、渋渋に通う在校生にお話をきき、それをまとめました。
Wisardから渋渋への進学者は2人しかいないのですが、受験校を決定する上でのご参考になさってください。
ただし、個人の意見・感想・印象を元にした文章のため、あくまでご参考程度に。
ちなみに質問内容は阿部が勝手に考えたものですので(笑)、別のご質問をいただき、その解答を得られた時はリライトするようにします。
 
 

女子の方が優秀で、男子はそれに押されている?

 
その傾向はある。
例年、人数的にも女子の方が若干多い。
女子には御三家も狙えるものの、共学校を志向する実力者がいるため、中学の時点では全体的には女子の方が優秀。
一部の男子は初めは成績がよくない上に提出物を出さず、補習は男子ばかりのことも。
中3くらいから男子が圧倒的に力を伸ばしてくるらしい。
対立やケンカなどはなく、全体的に仲が良い。
今後は進学実績を伸ばすためにも、男子をもう少し多くしたいという学校の意図が感じられることはある。
 
 

運動設備が弱く、部活によっては遠方への移動を余儀なくされる?

 
設備としては体育館3つと中庭のテニスコートのみ。
体育の授業は学校でのみ実施。
サッカー・テニス・野球部は登戸のグラウンドで活動。
行きは学校からのバス。帰りは各自自由。
埼玉方面からの通学としては、ややマイナスだが、渋谷に近い立地のグラウンドを購入予定、契約も最終段階と聞いている。
 
 

どんなご家庭の生徒が多いか

 
全体的には、富裕層が多い印象。
家が大きい人・高級住宅地にお住まいの方が少なくない。
クラスの半分くらいのご両親が共働きという印象。
東京が一番多いが、横浜等も多い。
 
 

英語教育のプログラムは?

 
中3でオーストラリア研修(2週間のホームステイ)、高校でアメリカ・イギリスなどの海外研修。
海外からの留学生受け入れ、渋谷学園主催の国際イベント。
学校では希望制で英検を受験。
レベルが高いため、刺激を受けている。
英会話の授業ではネットを使ったマンツーマン授業や、映画のアフレコ体験などがある。
中2・3はENGLISH A・多読B・OCに分かれ、授業はわりと面白い。
 
中3からは英語の授業は選抜クラスになり、ネイティブクラスにも実力次第で入れる。
10~20人の海外大学進学志望者が中心。
 
 

帰国子女の割合は?

 
全体の10%くらい。
中1の時点では6クラス中2クラスが帰国子女メインのクラス。
その2クラスは英語の授業がネイティブの先生。
他のクラスにも「隠れ帰国子女」(中学入試は普通入試で合格した、幼少時に海外にいた期間が長い生徒)が多い。
そのため、英語のレベルには格差が生じており、子どもの刺激になるという形でプラスに作用している印象。
 
 

通塾している生徒の割合は?

 
中学校では3割くらいは行っているイメージ。
英語だけ通っている生徒が多い。
 
 

渋谷が近いため、遊びに行ってしまう子はいないのか

 
学校では問題になったのはほとんど聞いたことがない。
そこまでハメを外す生徒はいない。
休日に渋谷に集合して遊ぶことはある。
映画・カラオケ程度。
ゲームセンターなどに行く子もいるが、行かないからといって文句を言われたり、仲間外れにされることはない。
 
地下道が最近整備されていて、地下鉄の生徒はもちろん、JRを使っている生徒であっても13番出口を使うと、地上に出てから学校までの距離がかなり短い。
前回の記事もご覧ください)
 
 

渋渋の魅力は?

 
とにかく自由である。
スマートフォンも持ち込み可。
文化祭・スポーツフェスティバル等のイベントが楽しい。
先生によっては塾で教えていた先生・明らかに熱意がある先生もいて、面白い授業もある。
年に6回程度の校長講話は面白い。
校舎がせまいこともあり、先輩と会う機会が多く、仲良くなれる。
みんな頭がよいため、イジメはバカなことだと分かっている。
校舎がせまいから、授業の移動が楽。
1F~9Fまではエレベーターを利用できる。
今後の入試改革への準備については、渋渋がこれまでもやってきたことで、周囲がそれに追いついてきたという図式を示されている。
高2・3年生が書く、8000文字程度の自調自考論文は大学の学位論文につながり、学校としてはかなり力が入っている。
 
 

まとめ

中学入試においては、ここ10年で難化傾向が著しいですが、それに見合う環境が得られるという印象を再確認できました。
とにかく自由である、という在校生の言葉が、個人的には最も印象的でした。。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
こんな役に立つ記事は珍しいね!次は海城の記事を!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

2018年度の合格体験記を追加しました。
何人か、追加で提出してくれた生徒がいたので、その分ということになります。
 
追加の作業のためにページを開いて調整していると、つい全部読み返してしまうんですよね(笑)
そして、なぜか数年分にわたって読み返してしまったり。
今回、その中で面白い符合を見つけました。
 
 

中学入試直前・会場でナンプレ

 
中学入試の本番。
会場に入り、試験が始まるまでの時間。
どんな生徒でも、緊張する場面です。
計算練習をしている生徒。
コアプラスやメモリーチェックのような一問一答のテキストを開いている生徒。
机の上には何も出さずに集中力を高めている生徒。
過ごし方はそれぞれです。
 
Wisardの合格体験記の中にも、その試験間際の時間の過ごし方にふれている文章がいくつかありました。
後輩に対するアドバイスの中で、直前の時間の使い方として、
 
ナンプレを解いてリラックスしていた。
 
という生徒が2人だけ。
なんと、たまたま進学校が一緒でした。
 
 
そして、もう1つ一致する点がありました。
2人とも、これはものが違うと思っていた、非常に高い学力を持つ生徒でした。
中学入試までの道のりが凄まじく蛇行しており、「効率的」「最短距離」というキーワードとは無縁だったところも共通。
 
2人とも5年生からの入室だったので、授業でナンプレはもちろん、パズルを使用したことはありませんでした。
つまり、パズル好きであることは、全く知らなかったんです。
授業中に話題に上ったことも、なかったと思います。
ですから、2人ともWisardに入室する前に好んで解いていたんですね。
繰り返し・鍛錬・訓練によって培われた力ではなく、自分なりに興味を深め、考え抜くことであの能力を持つに至ったんだなあと思うと、なるほどなと思う部分もあります。
パズルの持つ自由さ・好きな時に解く、どうやってもいい、自分なりにやっていいんだという点が、特によかったのかもしれませんね。
 
 

算数とパズルの結びつき

 
僕が子供の頃は、「算数」と「パズル」は全然関係のないものでした。
初めてそれが結びついたのは、先生という仕事を始めて数年、前にいた会社で吸収すべきものはあらかたなくなってしまった時期です。
どうやったら子供の学力を伸ばせるのかということを考えてたどりつき、これは面白いなと思いました。
それ以来、授業中に時間の余った生徒に黒板問題としてオリジナルの問題を出す、ということはよくやっていました。
 
今はそれをプリントにてWisardの授業で使用したり、WISARDNETに自分の作ったパズルを並べたりしているので、やっていることはあんまり変わりませんね(笑)
ですが、その効果・威力は以前以上に感じています。
全ての生徒に有効というわけでは、もちろんありません。
100マス計算や公文での計算練習が一時的な効果しかなかったり、弊害と呼べる部分があるのとその点では同じです。
ただ、うまくハマると非常に楽しく、効果があることは確かだと思います。
 
 
お子さんが興味を示すようであれば、手近なところに置いてあげてみてください。
ちなみにWISARDNETの教材の中で、ナンプレを小学校低学年向けに改良した入門バージョン「ナンプレ以前」は、圧倒的に人気がないんですよね。
けっこう面白い教材なのですが、どうしてなんでしょう?
(他の教材の1/3以下です。
名前が有名だから、オリジナルっぽさがないのかも?と勝手に思っています)
 
それから最後に確認です。
パズル好きは歓迎すべきことですが、入試直前に解くことがいいと言っているわけではありません。
生徒それぞれ、自分なりのやり方というものがあります!!
人に言われたことをそのまま安易に行動に移すのではなく、自分で粘りつよく考えられる子供を育てようとすることが、大切なのではないでしょうか。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
確かに昔はなかったよね。あったとしても大人向けだったかも。もっと面白いものを頑張って作りなさい!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

海城と渋渋の選択

 
2年連続して、海城と渋渋の進学を迷ってのご相談を受けました。
男の子のお子さんをお持ちの都内の受験生のご家庭の中には、この選択に向き合うご家庭も少なくないはずです。
今回はそれについて書こうと思います。
 
20年前であれば、全員が海城を選んでいたはずの選択でしょう。
海城の相対的な地位が下がっているわけでは全くありません。
完全中高一貫になりましたし、むしろ上がっているくらいですから、それくらい渋渋が追い上げていますね。
 
進学実績や通学を含めてこれだけ学校の実力が拮抗していると、2校のうち1つを選ぶのは難しいです。
この場合は「男子校」「共学校」のどちらに向いている生徒なのかが重要ということと、東大・医学部志望が強い場合は海城がよいのでは、というのが基本線。
ですが、やはり好みというか、説明会の内容とご家庭の方針で検討し、お決めになることになるはずです。
 
海城は自分が出身の駒場東邦と雰囲気が近く、イメージが持ちやすいため、渋渋に実際に通っている生徒にお話を聞いてみました。
Wisardの卒業生の進学先としては、
 
9年間で海城27、渋渋2
 
と圧倒的大差がついています。
ですから、こちらから連絡できる生徒は2人しかないんですけれど(笑)
面白いお話を聞くことができたので、おいおいまとめていきます。
 
 

在校生とのお話した内容

 
今回は、渋渋に通う中学生の女の子に学校生活について聞いた時のお話のことだけを書きます。
渋谷だと週末や長期休み中にお昼を街で食べたりとか、帰りに友達と遊んだりはしやすいはずだけれど、実際はどうなの?ということを尋ねました。
わかりやすくいうと、
 
「渋谷が近いけれど、遊びに行ってしまう生徒はいないのか」
 
ということですね。
ました。
こんなお話をしました。
 
「お店が多いので、食事を学校の外でする機会は多いかもしれません。
マックとか。
この前は一蘭でラーメンを食べましたよ」
 
「女子だけでトンコツラーメン行くんだね(笑)」
 
「そうですね。
女子力は低い、というかゼロかもしれません」
 
「まあ、別に女子でラーメン行っても、全然いいんだけれどね」
 
ここで、彼女はちょっと考えて、こう付け加えました。
 
「あっ。
でもパンケーキ屋さんとかも行きますよ。
女子に大人気のオシャレスイーツ屋さんで!!
こっちは女子力高いですね!」

 
「女子力高い」って、そういうことだっけ?
なにか誤解していない??
と突っ込まずには入られませんでした(笑)
楽しく通っていることが伝わってきて、それは何よりなのですが!!
 
続きはまた後日書いていきます。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
最後の会話が書きたかっただけだよね!!次はもう少し役に立つお話でお願い!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村