現在、Wisardは2017年度夏期講習の真っ最中です。
我々はバカンスには出かけることはありませんが、所用があって日中に街を歩く機会がありました。
子供たちが頑張っている中、我々が休暇をとるわけにもいきません。
ですから、まあほんの数時間だけのことです。
本当に暑い夏だな、と改めて感じました。
今年も太陽が高く昇る時間にはずーっと教室にいるので……。
それで、ちょうど家族連れがたくさんいる場所を週末に通ったせいか、お父さんも含めた家族連れをたくさん目にしました。
 
普段、我々が接するのは圧倒的に生徒のお母様が多いため、僕にとって小中学生のお父さん像は明確なものではありません。
思ったことは。
 
どのお父さんも本当に笑顔だな、ということでした。
お父さんたちは皆さんお仕事で疲れ、たまの休日にはうちでゆっくりしたいという気持ちも当然あるはずだと思います。
それでも、家族と一緒に出かけ、笑顔でカメラをかまえ、一緒に駆け回って遊ぶ……。
それが全然苦になっていないんだなと感じました。
お父さんたちのわが子を見守る視線は本当に温かいですね。
怒り役はお母様に任せて……というところもあるのでしょうが(笑)
 
 
さてそんなことがあって、昨日の授業中のこと。
ある女の子が、海外旅行に出かけるときはいつも1週間くらいは出かける、というようなことを言い出しました。
お父さんはお忙しいのに家族のために時間をとってくれて、スゴいね!というお話をした時のことです。
 
「お父さんは「海がほしい!」みたいなお願いじゃなければ、だいたい私が言うことは聞いてくれます!」
 
と言うので、何気なく、
 
「君にはお兄ちゃんがいるから、お兄ちゃんには厳しく接して、長男として育てているんだろうね。
(お兄ちゃんもWisardの卒業生なので)なんとなく、そんな気がするよ
それで、妹の君にはどうしても優しすぎるくらい、優しくなっちゃうんじゃないかなあ。
だから、お願い事をなんでもきいてくれるのかもしれないね」
 
というようなことを口にしました。
 
 
そうすると、ズバリと模範解答が返ってきました。
 
「そうなのかなあ……それはちょっとよくわからないですけれど。
でも、
ママの言うこともなんでも聞いてくれますよ!!
 
あっはっは。
単にものすごく優しいパパだったのかもしれません。
うーん、素晴らしすぎますね!!!(笑)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
ほっこり系のブログを目指すことにしたんですか???と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

先日、ある子にこんなことを言われました。
 
「先生はいいなー。
先生はもうテストのために勉強しなくていいんですよね。
したいことが何でもできるっていいなぁー!!
うらやましいです。」

 
と真顔で。
 
……。
何を言っているんですか!
僕こそ君がうらやましいですよ。
君はこれからどんなことだってできるじゃないですか。
無限の可能性があるじゃないですか。
きっとすごく嬉しいことがたくさん君を待っていますよ!
もちろんしんどいことや、つらい時期もあるだろうけれど、その分、心から笑えることや楽しいこともたくさんあるはずです。
そして、何より自分の未来をこれから自分で考えて、行動に移してどんどん変えていくことができる。
それって、ほんとうに素晴らしいこと、眩しいことなんです。
 
確かに入試のための勉強は、やっぱりラクではありません。
悔しいこともあるでしょうし、もっと遊びたいと思うこともあると思います。
でもしんどい分、
その先に待っている必ず喜びも大きくなります。
僕のわずかな経験上はっきり言えることですが、最高に嬉しい!!という感覚は苦労したあとでないと味わえないものなんです。
あと半年後に是非、そういった達成感、頑張ってよかったな!!という感覚を是非味わってほしいです。
 
そう答えました。
うまく伝わっているといいのですが。
 
人間って基本的にないものねだりなところがあるものですよね。
色んなものがほしくて、違う自分になりたくて…少しずつ変わっていくのではないでしょうか。
そんな風に思っています。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
珍しく、ちょっといいことを言ったね!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

さて、復習テストで断トツの最下位をとってしまい、絶体絶命の危機に陥った僕のとった方法は…。
先生の怒りが頂点に達し、いつの間にか全体に向けられたお説教がクライマックスとなった瞬間!!
 
「先生、トイレに行ってきていいですか?」
 
先生は、話の腰を折る空気の読めない僕に、軽く頷くだけに留めてくれました。
 
「おいアベ、そういえばお前は何点なんだ?」
という台詞が背中から追いかけてくる恐怖と戦いましたが、無事に逃亡できました。
 
そして、授業が始まってから何食わぬ顔で復帰。
採点してくれた隣の席の子が、大人しい子で本当によかった…。
 
 
ところで話は変わります。
 
その理科のO先生は、サピックスの前塾長をしていらっしゃいました。
(当時の塾長が初代なので、後に2代目の社長になる先生ということになります)
僕は教え甲斐があるとは言い難い生徒でしたが、授業は(怖いけれど)とても面白かったことを覚えています。
当時担当してくれた先生たちは皆、技量があり、やる気を引き出すような講義をしてくれました。
 
そして何よりも、教える情熱が違いました。
今になって、あの先生たちの気持ちが少しだけわかる気がします。
現在でこそ都内有数の進学塾ですが、当時は設立したての小さな小さな新しい塾でした。
前塾との訴訟を抱えていたことは有名ですし、現在のシェアからすればまだ若葉さえも出ていなような段階です。
もしも、どこかで道を誤っていれば、今頃は跡形もなかったはず。
だから、創設時のメンバーが陣頭指揮をとり、一人一人の生徒に本当に親身になってくれたんだなあ、と思います。
先生たちも必死だったんだ、と今となって実感できます。
あの時受け取ったエネルギーは、今も自分の中に少しばかり残っているはずです。
 
まあ、あの理科の授業の恐怖は相当なものだったので、できれば自分は異なるアプローチをしたいところですが‥‥(笑)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
あのサピックスにも、そんな時期があったんだね‥‥‥と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

僕が小学6年生だった時エピソードのことを書きたいと思います。
以前はよく授業でお話していた気がするので、聞いたことがある生徒も多いかもしれません。
 
サピックスに通い始めてしばらくした頃のこと。
新コースに変わって、最初の通塾日の初めの科目が理科でした。
(ちなみに理科は当時とにかく大キライでした)
よく知らないクラスメイトと初めての先生。
いつもと違う緊張感があったことを覚えています。
 
先生が入ってくると、早速知識のテスト。
あっという間に終了し、恒例の点数申告タイム。
 
「100点の人!」
 
7割くらいが一挙に手を挙げます。
先生は満面の笑みです。
 
「90点の人!」
 
4人くらいでした。
先生も1ミスならまあ許す、次回は頑張るように、というお話をしていました。
 
「まさかいないと思うけど…80点の人!」
 
手を挙げたのは1人だけでした。
 
ここで雰囲気が一変!
ニコニコしていたはずの先生が
いきなり鬼の形相に豹変し、激怒し始めました。
 
「やる気がないなら帰れ!
クラスの足を引っ張る奴はここにはいらない!
おまえは次から○○コースだ!」
 
みたいなお話でした。
集中砲火を浴びているクラスメイトは蒼白になり、涙目です。
しかし、視線を落とすと僕の点数は……30点
 
 
「これはヤバい。
こ、ころされる…」
 
そう思ったのでした。
(後編に続きます)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
それは、逃げるしかないねー!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

授業が終わって帰っていった女の子が何やら、袋を持って帰ってきました。
 
「これ、お母さんが持って行けって。
カレーの詰め合わせみたいです。
ものすっごく、美味しいんですよ!!
先生たちで、ぜひ食べてください!」

 
笑顔でそう言って、颯爽と引き揚げて行きました。
 
これにはちょっと感動です。
日本人の文化として、「つまらないものですが」「気持ちだけですが」のような言い方は常套句ですよね。
ですが、子供ならではのストレートで爽やかなことばには逆に、感じるものがあります。
 
 
というわけで早速食べてみました。
 
美味しそうなカレー
 
うーん、美味しかったです!
これから人に何かを差し上げる時は、自信を持ってお送りできるものを自信を持ってお渡しすることにしたいと思います。
少しだけ、社会人力がアップしましたね!!
 
 
※頂き物は結構ですというのは、いつも申し上げている通りです。
そこは誤解のないようにお願いいたします。
小学生のハキハキした、外連味のない物言いを切り取って伝えたいというのが文章の趣旨です。
世界で一番大切なお子さんを預けてくださっているということがどういうことか、我々はよく理解しているつもりですし、それだけで十分です!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在65人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
自宅では玄米を食べているの?そこが一番意外!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村