お食事に誘っていただきましたが‥‥

 
卒業生の保護者の方から、ようやくお子さんの受験が終わったご家庭の方々がお集まりになる会へのお誘いをいただきました。
本当にありがたいお話です。
魅力あるお子さんを育てた保護者の方から、色々とお話を伺いたいところなのですが‥‥。
丁重にお断りしました。
「そういうポリシーなんですね!」と理解してくださり、重ねてありがたく思いました。
 
ポリシーというほどのものでもないのです。
ただ、理由がその場で上手に説明できなかったので、記事として残しておくことにします。
 
 

お断りした理由

 
一言でいうと、プロ意識を持って仕事をしたいから、ということに尽きます。
我々の専門は子供が賢くなるように導くことで、それがいつも最優先です。
そのためには、クライアントとの距離は必要です。
境界線をきちんとしておかなければ、何もかもルーズになってしまうのではという感覚があります。
これはこのブログを書いているアベだけでなく、スタッフ全員に徹底している方針です。
(超当たり前のお話なので、改まって何を言っているんだというレベルではあるのですが‥‥)
 
 

小学生の頃のエピソード

 
それから、関連するエピソードがあるので、これも書いておきます。
僕が小学生の頃のことで、誰かにお話することはもちろん、思い出すこともなかった昔話です。
 
ある日、家族で近所のお料理屋さんに行った時のことです。
そのお店は、小学校の後輩のご両親が経営しているお店でした。
確か僕と2、3学年は違っていて、子供同士は全く交流はなく、同じ小学校に通うお子さんがいるらしい、という程度の認識でした。
 
その日はお店に入るなり、とても驚きました。
その生徒の学年の先生がカウンターに座り、1人でお酒を飲みながら食事をしていたのです。
僕の小学校は1学年1クラスしかありませんでした。
つまり、担任の先生が、自分が預かっている生徒のご両親の店で飲食をしていた、ということです。
 
皆さんは、どう思われるでしょうか。
もちろん、例外的な事情があったのかもしれないですし、カウンターの裏のご主人と何を話していたのかも覚えてはいません。
ただ、当時子供ながら、とてもとても失望しました。
 
ありえない!なんてだらしがない大人なんだ!
 
と思ったのです。
大切な子供を預けている先生がお店なり自宅なりに来たら、誰だって気を使いますよね?
それがわかっていて、わざわざそのお店で食事をする先生なんて、とうてい尊敬できないと感じたことを覚えています。
子供を大切にするご両親の気持ちにつけこんでいるようで、ズルいと思ったのでしょう。
ましてプロであるならば、クライアントの前でお酒を飲むなんてことは論外です。
(ですから、例えば小学校のPTA懇親会を、夜に先生を交えて居酒屋で行う、のようなことには大反対です)
 

まとめ

 
さて、自分もたまたま同じ種類の仕事についたわけですが、その人と同じようなことをしたくないという気持ちもあるかもしれませんね。
細かいことを言えば、状況は色々違うかもしれませんが、言わんとしていることは伝わったでしょうか‥‥。
ただ、
 
優秀な子供はどのような環境で育ったのか、
人生を楽しむ前向きな姿勢はどう育まれるのか

 
には非常に興味があります。
Wisardの校舎でスイーツでも食べながらのお話でよろしければ、いつでもお誘いは大歓迎です。
 
※最後のお話は、もちろん中学受験をいい形で突破してからのお話です。
合格するまでは、スイーツを食べている場合ではありません!!
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
超当たり前のことをつらつらと書いた努力は認める!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

一昨日、2018年度の合格体験記をアップしました。
するとその当日の夜、見知らぬメールアドレスからメールをいただきました。
 
内容はこうでした。
 

◯◯◯◯です。
多忙な母に代わり送信させて頂きます。
 
阿部先生・畠中先生のあたたかいお言葉と共に
合格体験記を掲載して頂き、感謝しております。
 
ですが、HPで母が書いたとされている
合格体験記は、父が書いた文章となります。
その旨お伝えしておきます。

 
今年度の卒業生からのメールでした。
合格体験記をお母さまに書いていただいたと思い込みから勘違いし、掲載してしまいました。
失礼なことをしたと反省し、すぐに訂正しました。
そして、その後でメールの文面を読み直し、可笑しいところに気がつきました。
一見、礼儀正しいフォーマルなメールに見えますが‥‥。
お気づきになったでしょうか。
 
そう、冒頭の「多忙な母に代わり」という部分。
ここに、じわじわくるユーモアが感じられるんです。
この一言からは、彼の3つの気持ちが伝わってきます。
 
1つ目。
せっかくお父さんが書いてくれたんだから、ちゃんと載せてくださいよ!
という親心、ではなく子心。
 
2つ目。
多忙なのはお母さんだけじゃなく、僕も同じなんですよ。
うちの家族は忙しいんです。
オラ!誰が書いたのかくらいきちんと確かめるのが常識でしょ!
という皮肉な心。
 
3つ目。
Wisardにメールなんてしたことないけれど、ホームページからアドレスを見つけ、こんなにしっかりしたメールを送れる僕ちゃんって、すごくない?という少年の心。
 
 
帰りの電車の中で1人で笑いそうになってしまいました。
たった数行のメールにユーモアをこめるなんて、成長しましたね。
もう中学生。
これからが楽しみですね。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
ちょっと深読みしすぎじゃないの!!??と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

2018年度の合格体験記をアップしました。
こちらか、ブログ上部or右上のリンクからWisardのHPに飛ぶとご覧になれます。
 
保護者の方に書いていただいたものも含めて、エネルギー溢れる30通もの文章です。
きっと後輩たちや、中学受験生の参考になるはずです。
そして何より、非常に面白くて、楽しめますね。
また、Wisardからのコメントも、合わせて掲載しています。
1度しかない中学受験を戦い抜いた生徒たちの生の声が聞こえてくるようで、アベブログ1年分と同じくらいの読み応えがあるのではないでしょうか。
 
9期生たちの戦いを思い出しながらしましたから、文章を校正する作業もとても楽しかったです。
中学受験は全力で乗り越えなければならない試練ではありますが、真剣に取り組むからこその楽しさがあり、ドラマがあります。
そしてそれに伴走し、時には助け、時には突き放し、ゴールを目指す生徒たちを見守るこの仕事は、最高に面白いです。
そんな教室の雰囲気も伝われば、幸いです。
 
 
それから、アベブログにはごく稀にWisardの生徒が登場することがあります。
体験記の記事の最後に、その生徒本人が登場している記事のリンクが貼っておきました。
 
「以前に読んだ、あの記事に登場した生徒は、〜中に合格したんだなー」
「面白い体験記を書いているこの子には、こんなエピソードもあるんだな」
 
そんな楽しみ方もあるかもしれません。
 
 
最後に。
体験記を書いてくれた子も、そうでない子も、卒業生たちには、受験生として1年間よく戦ったということを伝えたいと思います。
 
諸君の勇戦に敬意を表す。
再会の日まで壮健なれ!!

 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
うんうん、ぜひ読んでみよう!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

「うちの子は、解答と全然違う解き方をしているようです。
式もなく、メモもグチャグチャで。
だから、算数がすごく苦手なんです。
Wisardに通ったら、きちんと解き方を書けるようになる指導をしてくれますか?」
 
お問い合わせのご連絡をいただいた際、こんなご質問をお受けしました。
これは「算数のできる子=ノートの綺麗な子・式をきちんと書く子」というおぼろげなイメージからくる言葉で、これは事実と全く異なるので、記事にしようと思います。
 
 

解き方を書くことは大切?

 
まず、解き方をきちんと書く、ということはそれほど重要視すべきことではありません。
では一番大切なことは何でしょうか。
それは、
 
とにかく答えを当てること。
自分の出した答えを責任を持って検討し、確かめる習慣があること。

 
です。
式を連ねていくことが、自分の考えを確かめるために有効であることを感じた生徒は、そうすればいいんです。
「解き方を書く」ことは「正解を出す」ための手段の1つであって、目的ではありません。
 
より実戦的には、正解を出すためには数式の展開よりも、線分図・面積図・速さの見取り図を書くことの方が価値がある場面が圧倒的に多いです。
この「図」に関しては、積極的に書くように指導しています。
慣れてくると、問題文を素早く整理するために効果的なことが生徒自身も実感でき、問題にアプローチする際のフォームになります。
つまり頭を使い始める前の段階で、自然と手が動くようになります。
逆に言うと、問題文をじーっと見ているだけの生徒、複雑な問題に対して式を1つ1つ書いて進めていこうとする生徒は、ほとんどの場合は得点力がありません。
 
 

模範解答と同じ解き方の方がいい?

 
さらに、解答と同じ解き方をする必要もありません。
僕が授業中によくいう事ですが、自信の持てる解き方は1つあればいいんです。
算数は自由な科目です。
解答に至るルートは数多くあります。
「こうかな?」「こういうことなんじゃないか?」
「これはどうだろう?」「よし、うまくいった!」
こんな風に自分の進む道を確かめながら、進んでいくのが面白いんです。
 
ですから、
「この問題は必ずこうやって解きなさい!
君は頭を使わなくていいから、言われた通りにしなさい!」
という指示に「はい、わかりました!」と従うだけの生徒が、算数が好きで得意になるわけがありません。
 
(これには注意点があります。
もちろん、教室の授業では全てのパターンでの解き方を説明してくれる訳ではありません。
ですから、問題が発展的になってきたとき、自分の解き方では先に進めないという場合もあります。
ただ、先生のパターンもお話を聞いて理解することができていれば、実際に解く場面では自信の持てる解き方を貫いて構いません)
 
 

4年生までと、5・6年生を区別する

 
冒頭のご質問のようなお問い合わせは、易しい問題をやりすぎることの弊害の1つです。
つまり、小学校レベル・受験生カリキュラムの4年生レベルの問題は、初歩レベルでは1本か2本の式で答えが出ます。
そして問題のパターンも少ないので、繰り返しによってどの式の立て方が最速なのかを生徒は覚えてしまいます。
すると、
 
算数の勉強=そのパターンの暗記を確認すること・正確さとスピードを上げること
 
という図式ができあがります。
 
これが非常に良くないことなんです。
なぜなら高学年に進んで問題のレベルが上がると、初見では方針が立たない問題も増えてくる上、解答に至る操作も格段に複雑になります。
すると字が綺麗で、式もきちんと書ける、基礎的な計算力もしっかり身についている、しかし算数は大の苦手な生徒ができあがります。
しかもさらに悪いことに、一生懸命やっているのにどんどん成績が落ちるため、どうしていいかわからないと悩むことになってしまいます。
 
算数=暗記ということを身体で覚えてしまうと、それを正すにはとても長い時間がかかります。
知らない問題=わからない問題 という感覚がなかなか抜けないからです。
まずそうならないように、繰り返しはほどほどにしましょう。
そして、お子さんが自分なりに身につけた考え方を大事にしてあげましょう。
 
この弊害に心当たりがある生徒は、
 
算数の勉強=粘り強く考え、何とかして正解への道筋を見つけ出す
 
ことが実感できるまで、じっくりと見守ってあげてください。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
真面目な内容!!なんか、ブログの書き方も真面目になってない!?と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

中学受験に携わっていると、毎年ほとんど同じ学年の授業をします。
ですから、あまり時の流れを感じません。
年をとって管理職に……という職種でもないですし、時が止まっているような感覚があるくらいです。
感じるのは、卒業生と会う時くらいですね。
そのため、自分はいつまでも年をとらないような気分でいたのですが、そうでもないぞというエピソードが2つありました。
そのことを書こうと思います。
 
 
1つは、今年の6年生から言われたことば。
 
「先生、うちのお母さんが
「阿部先生は早口すぎて、保護者会で喋っていることの3分の1くらいしかわからなかった」
って言っていたよ!」
 
僕はどちらかというと早口の上、たたみかけてまくしたてるように話す、と言われることがあります。
(自分ではまったくその自覚はないのですが……)
これは非常にマズいです。平謝りですね。
聞きとれないくらい早いということはこれまでなかったので、これは年のせいかな?と。
先生と言う仕事は伝え方が全て。
必要な時に必要なことばを伝えることが大切なので、気をつけたいと思います。
申し訳ありません……。
 
 
それからもう1つ。
今年度の入試の発表の時のことです。
ある生徒の合格の報告を受けた時、涙がこぼれそうになったんですよね。
なんとしても合格させたい生徒、大きな分岐点になる入試ということであれば、経験は数多くあります。
それでも、今までは一度もこんなことはなかったのですが。
年をとると涙もろくなる、と言いますから……。
もうそろそろ危ないかもしれません(笑)
 
いや、そうは言っていられないですね。
毎年、今年こそキャリアハイというつもりで、授業をしたいと思います。
ブログ内を調べてみたら、3年前にもこんな記事を書いていますし、やはりあまり変わっていないのかもしれません。
ただ、ゆっくりしゃべるようには気をつけます!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そうそう、もっとゆっくり話しなさい。聞き取りづらいんだから!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村