中学受験に携わっていると、毎年ほとんど同じ学年の授業をします。
ですから、あまり時の流れを感じません。
年をとって管理職に……という職種でもないですし、時が止まっているような感覚があるくらいです。
感じるのは、卒業生と会う時くらいですね。
そのため、自分はいつまでも年をとらないような気分でいたのですが、そうでもないぞというエピソードが2つありました。
そのことを書こうと思います。
 
 
1つは、今年の6年生から言われたことば。
 
「先生、うちのお母さんが
「阿部先生は早口すぎて、保護者会で喋っていることの3分の1くらいしかわからなかった」
って言っていたよ!」
 
僕はどちらかというと早口の上、たたみかけてまくしたてるように話す、と言われることがあります。
(自分ではまったくその自覚はないのですが……)
これは非常にマズいです。平謝りですね。
聞きとれないくらい早いということはこれまでなかったので、これは年のせいかな?と。
先生と言う仕事は伝え方が全て。
必要な時に必要なことばを伝えることが大切なので、気をつけたいと思います。
申し訳ありません……。
 
 
それからもう1つ。
今年度の入試の発表の時のことです。
ある生徒の合格の報告を受けた時、涙がこぼれそうになったんですよね。
なんとしても合格させたい生徒、大きな分岐点になる入試ということであれば、経験は数多くあります。
それでも、今までは一度もこんなことはなかったのですが。
年をとると涙もろくなる、と言いますから……。
もうそろそろ危ないかもしれません(笑)
 
いや、そうは言っていられないですね。
毎年、今年こそキャリアハイというつもりで、授業をしたいと思います。
ブログ内を調べてみたら、3年前にもこんな記事を書いていますし、やはりあまり変わっていないのかもしれません。
ただ、ゆっくりしゃべるようには気をつけます!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そうそう、もっとゆっくり話しなさい。聞き取りづらいんだから!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

WISARDNETに新しい教材を追加しました。
 
「クロスフィット レベル2」です。
これは1~5年生向けのパズル。
パズルといってもジグソーパズルではなく、試行錯誤して試行力を伸ばすための教材です。
レベル1はたし算とひき算のみでしたが、レベル2からはかけ算とわり算が加わり、素因数の感覚を伸ばせるようになっています。
ご興味のある方は、こちらからどうぞ。
 
0085
 
いくつか教材をアップすると、意外なほど多くの方が試してくれ、嬉しく思っています。
楽しんでいるからもっと次を、とメールで励まされると、次も早く形にしようというモチベーションになりますね。
 
おそらく、Wisardが教材を書籍という形で出す場合。
 
出版社の方とミーティングを重ね。
何度となく校正。
装丁に工夫を凝らし。
表紙をデザイナーさんに依頼し。
印刷工場の方にお願いし。
流通に携わる方に運んでいただく。
出版を広告して世に伝え、
書店の方に販売していただく。
 
そんな手順を踏まなければならないはずです。
 
ですが、教材のサイトの準備ができていると、ボタン一つで世界に教材を発信できる。
これはすごいなあとあらためて感じています。
このせっかくの環境をしっかりと活かさなければいけませんね。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
授業に支障が出ない程度に頑張ってね!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

中学受験までの道を伴走することを仕事にしていると、子供に勉強を教え、学力を高めることが最優先です。
同時に保護者の方とやりとりをすることも多くなります。
中には、こちらがはっとさせられるようなこともあります。
3月に入って、別のご家庭から方向性が同じ言葉を伺い、なるほどなと思ったので記事に取り上げます。
 
1つ目はある保護者の方から伺った言葉。
すごくいい内容だと思いました。
 

以前から、「やればできる」という言葉には否定的なスタンスです。
一般的には、現状が芳しくない状況の人に言う、励ましやポテンシャルの高さなどを匂わせる、やる気を促す言葉です。
しかし、そもそもこの言葉を言われたということは、「現状、やるべきことをやっていない」ので、決して褒められているわけではないんですよね。
 
そしてたとえ嫌であっても、やらなくてはいけないことを「やることができる」人と「やることができない」人がいる。
だから差が生じる。
人から言われる前に、自分で気づき行動するようにならなければいけない。
 
「やったって、どうせできない」と言う人は、そもそも「やったって」までやっていない。
結局は、やらない人の言い訳の言葉。
努力することの素晴らしさに気づき、目標に向かって邁進できるようになってほしい。

 
まったく、その通りです。
厳しい言葉のようですが、学習内容以上に大切なことだと思います。
そして、何かをやり遂げることの面白さを実感するには、小さいことの積み重ねが大切!です。
 
 
それから、現在準備中の今年度の合格体験記の1節に。
 

後輩たちへ。
YYK、やるべきことをやった人になってください!

 
という言葉がありました。
表現は違いますが、同じことを言っていますよね。
(以前、やればできる子=YDKという言葉が流行ったことがあったんです。
それに対する強烈なカウンターパンチですね)
 
考え方の多様性がプラスにとらえられる現代ですが、絶対的に正しいと言えるような、黄金律もあるなあとあらためて感じました。
そして、大切なお子さんをお預かりしているご家庭が、自然にその方向性に進んでいることをとても嬉しく思いました。
 
いま教室に通っている生徒たちにも、少しずつでかまいませんから、それを当たり前にしていってほしいと思います。
 
「わいわい系」じゃなく、ですね。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
せっかくいいお話だったのに、つまんないダジャレを言ってんじゃないぞ!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

Wisardの卒業生から、意外な目的で連絡がありました。
海城の中学3年生には、キャリア教育の一環として、実際に働いている人にインタビューし、それをまとめるという課題があるようです。
 
関連記事
 
その取材をWisardの先生にお願いしたいという依頼でした。
聞かれたのはおおよそ、こんなことでした。
 
①いままでの経歴
②この仕事を選んだ理由
③いま、楽しいと思っていること
④これまでに仕事の中で印象に残っている出来事
⑤これからやりたいこと
 
 
話せる限りのことは話しましたが………。
もうちょっと、質問する相手を考えた方がよかったかもしれませんね(笑)
知り合い・つながりのある社会人が対象だそうですが、医療関係者や法曹、会社経営者の方がより参考になるお話ができたような気もします。
普通は電話を手当たり次第にかけ、アポイントメントをとるようです。
どうして、Wisardに連絡してきたの?というお話を最後にしました。
最後にした会話はこんな感じでした。
 
 
「いや、最初に電話した出版社の編集者の方の声がこわくて。
それで電話するのがイヤになった時に、Wisardのことをふと思い出したんですよ。
ああ、
 
いいところがあった。
ここでいいじゃん!!!

 
と思ったんですよ」
 
「…………ほーう。
 
「ここで」いい、ね。
 
なるほどなるほど」
 
 
…………なかなか、いいお話ではありませんか?
僕は海城がすごく好きで、自信を持って大切な生徒を送り出せる、いい学校だと思っています
今年は8名もの進学者がいたのですが、
 
決してこんなモチベーションでは依頼してこないでほしい
 
ですね(笑)
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
声をかけてもらえるだけ、ありがたく思いなさいよ!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

合格は1つだけあればいい、というお話です。
 
中学入試では、3〜5校を併願するのが普通です。
また、〇〇中と〇〇中と〇〇中に合格しました!!のような内容はネットにも書籍にも山ほどあります。
ですが結局、進学できる中学校は1つだけなんですよね。
合格は何個もなくたっていい、1つあればいいんです。
まだ3月なので、すごく遠い目標ではあります。
ただとにかく、志望校の入試当日にベストのコンディションに仕上がるよう、少しずつ取り組むことが大切です。
 
 
さて、去年の卒業生に、姉弟でWisardに通ってきてくれた子がいました。
上のお子さんは受験校全てに合格し、御三家に進学。
そして弟くんも、それに勝るとも劣らない実力者でした。
そんな彼には、
 
「考えてみたら、〇〇家はテストというもので落ちたことないんだね。
その連勝記録、君が止めるわけにはいかないでしょ!」

 
とよく言っていました。
プレッシャーをかけられても、その中でより力を発揮しそうな生徒だったからです。
そんな時、彼はちょっと困った顔で笑いながらも、当然そのつもりだという雰囲気を漂わせていました。
 
 
しかし、1月最後の千葉入試。
よもやの土がついてしまいました。
彼が不合格になるとしたらここしかないだろうという入試ではありましたが、やはりいい気持ちはしません。
本人もそれなりにショックだったはずです。
しかも、次の入試は決戦の2月1日。
本来は2月1日のことだけを考えればいいのに、余計なことを言ってしまったなと、この時ばかりは少しだけ後悔しました。
 
 
発表当日は、最後の授業の日程だったので、
 
「まあ、そういうこともある学校だから。
第4志望校の不合格なんて、関係ないよ。
まず2月1日のことだけを考えて。
他の学校のことは終わった後でいいから!!」
 
と励まして、送り出しました。
 
 
そうなんです。
別に連勝なんかしなくてもいいんです。
2月1日合格するから別に関係ない!!と、彼も気持ちを上手に切り替えられたんだと思います。
むしろ、気合が入ってよかったくらいかもしれません。
 
そして第1志望校は見事に合格。
確かな力を持っていましたから、それをきちんと出せたということですね。
僕もたまたま、発表される瞬間に居合わせたのですが、掲示板に番号を発見できたときは、この上なく嬉しかったです。
僕ですらそうなのですから、本人やご家族の気持ちはいかばかりだったでしょう。
本当に進学したい学校の合格は格別です。
1回だけで、十分なほどに。
 
今年の6年生たちにも、それを目指して頑張ってほしいと思っています。
 
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
「たまたま居合わせた」ってちょっとおかしくない??でもよく頑張ったね!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村