Wisardでは生徒をお預かりするのは、3年生の後期からと決めています。
今週から、いよいよ3年生の授業が始まりました。
 
「中学受験の業界が成熟に向かいつつあり、
どこの塾も同じようなアプローチになってきている」
ということは以前にもブログに書いた通りです。
その中で、明確な方法論が確立されていないのが低学年の学習です。
ですから、Wisardの授業・教材も毎年改良を重ね、特に工夫を凝らしたものになっています。
内容は試行系のやや単元学習寄りの内容もありますが、ほとんどがパズル。
 
 
低学年の生徒が小学校での履修内容以外に算数に取り組む場合、パズル教材が非常に効果的です。
パズルといってもジグソーパズルではなく、数字を使うものが大部分を占めます。
 
これまでの数十年間、勉強する意欲のある生徒は、ひたすら先取り学習を行ってきたはずです。
もちろん、先取り学習がとても有効な学習であることは間違いありません。
まず、文部科学省のリードする教育指導要領は、能力のある生徒を育てるためのものではありません。
日本国民全体にこれくらいの学力を備えておいてほしい、という最低限のラインを示したものです。
ですから、それを律儀に守る必要なんて、全くないのです。
学ぶ意欲と学力のある生徒はどんどん勉強するべきです。
 
 
ですが先取りばかりではなく、特に算数の力については「どんどん先の単元まで学ぶ」ことに加えて、数字を扱って思考する経験を積むことが効果的なことが近年わかってきました。
 
パズル教材の有効性は以下のような点に集約されます。
 
・好奇心を持って自ら学ぶ姿勢を育てられること。
・自分の出した答えをチェックする習慣が根付くこと。
・「できた!」「よし次だ!」という問題を解くことの楽しさを学ぶことができること。
・ドリル教材では育てられない「本物の計算力」が身につくこと。

 
 
これはまさに「原始的算数力」にストレートにつながる内容です。
つまり、パズルを楽しく解いているうちに、「論理的解法力」を身につけていく土台を強固なものにすることができます。
それによって、学習に伴って結果が出やすい生徒になっていくのです。
 
「これ面白いなあ!」「もっとやりたい!」
と目を輝かせられる生徒は、勉強で身を立てていくことのできる若者に育ちます。
その子たちの力をもっともっと伸ばせるような、強力な内容になるように2月から授業の準備をしてきました。
新しくWisardの門を叩いた生徒たちが、弾むような足取りで教室に来てくれればと思っています。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
なんだか聞きなれないワードが含まれているな‥‥と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

今年の春、Wisardにお問い合わせいただいたお母さまとお話をしている中で。
こんなことを言われました。
 
「子供が他の習い事の都合で、どうしても塾をしばらく休まなければならないんです。
予習シリーズは昔自分がやっていて、つまらなかったので、使いたくないと思っています。
それ以外の塾は教材を販売していないんですね。
なので、本屋の参考書コーナーに行ってみたのですが、ピンとくるものはありませんでした。
どうして、こんなに中学受験向けの良いテキストは少ないんですか?
それから、Wisardは塾生以外に教材の販売はしていないんですか?」
 
 
よくご覧になっていますね!
その通りだと思います。
時間もたちましたので、ブログの記事としてお答えすることにします。
書店に足を運ぶと、実用に耐える小学生向けの参考書・問題集がほとんどないことに驚かされます。
小説や図鑑、漫画には魅力的なものが多くて、時間が足りないほどなのに、どうしてなのでしょうか。
 
 
大きな理由は2つあります。
 
1.ページ数の制限があり、内容を詰めこまざるをえないこと。
2.読者層を広く保つために、ターゲットが絞れていないこと。

 
1のために、書籍が異常に詰め込まれた余白の少ないデザインになります。
さらに情報量を多くしようとして問題は増え、解説は最小限になります。
大学受験向けの数学のテキストは、ほぼ例外なく問題より解答冊子の方が分厚い作りになっています。
それなのに、小学生向けのテキストの解答はペラペラ。
まるで塾の先生向けであるかのような、自習に全く向いていない構成になっています。
(そもそも小学生は解答を読むのがキライなので、ひと工夫あった方が良いのです)
 
さらに2より、万人が手に取れるテキストを作ろうとした結果として、「誰にも向いていない」テキストになってしまっているものがほとんどです。
 
 
少し話がそれますが、そのような事情があり、中学受験に必要な内容をスムーズに身につけるには、学習塾に通うのがこれまではほぼ唯一の選択肢でした。
「でした」ということは、今後そういう状態は変わってくるのではないかと思っています。
 
以上のようなことを説明し、いくつかオススメのテキストをお伝えしました。
使いづらいものが多いのものは確かですが、もちろん中には良書もあります。
できるだけ薄く、シンプルで、少ない時間でこなせるものを好んでオススメすることにしています。
 
 
さて、こういうお話があると、中学受験向けの教材は、かなりブラックボックス的な要素が強いことを改めて再確認します。
大学入試と比べると、流通している情報量が明らかに少ないなとも感じますね。
中学受験に携わる者として、これからどのような変化がやってくるだろう?、と日々考えてもいます。
これについては、またの機会に改めて書きたいと思います。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そう、これから色々変わっていくんだろうねぇー。でも中学受験は小学生が相手なので、変化するのは一番最後じゃない?と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

9月のある週末。
今年21歳になる元生徒から連絡があり、都内で会ってお茶を飲むことになりました。
(「卒業生」と言わないのは、前塾で教えていた生徒だからです)
授業の予定がなかった僕は、2つ返事でOKしました。
 
「実はもう1人、連れていこうと思っているんですよ」
 
「もう1人?
彼女でも紹介してくれるの?(笑)」
 
「いやサピックス南浦和校の同期ですよ!
アベ先生も絶対知ってるはずです!」
 
SNS上でこんなくだりがあって、2人と会うことになりました。
 
 
さて、実際会ってみたところ、2人とも見違えるような若者に成長していました。
若手俳優と見紛うような青年と、ファッション雑誌の表紙を飾っていそうな女の子を想像してください。
2人とも両親ともにお医者さんではない生徒なのですが、進路をよく考え、医学部に進学したそうです。
進学先は、超難関と言っていいレベルの大学です。
 
僕が1年間算数を教えている時、2人はとても優秀な生徒でしたが、まだ小学生でした。
そこから8年間。
それはそれは進化しますよね。
僕が見ることができたのは、生徒たちが持っていたエネルギーの塊のようなものだけ。
それが今は、しっかりとした結晶になっているような感覚です。
そしてこれはちょっと贔屓目になりますが、医学という道を志し、その道を歩み始めた清新な雰囲気をまとっていました。
さすがに、これは褒めすぎかもしれませんが(笑)
 
 
この子たちを教えている時は、この形式で授業ができる最後の時間になることを日々痛感する時期だったことを思い出します。
誰かに生徒を集めてもらい、教材を用意してもらい、そこで腕を奮うのももちろんいい人生だと思っていました。
ですが、それだけではきっと将来物足りなくなるだろうと考えたことが、今につながっています。
彼らと会うと、昔の自分とも同時に向き合っているような感覚があります。
2人から多くのエネルギーをもらい、老兵ももうちょっと頑張らなくてはならないな、と思う帰り道。
 
 
ふと気がつきました。
 
その2人は大学の同期というだけで、取り立てて親しいわけではなさそうだということに。
 
男子「すいません、都内まで来てもらって」
アベ「いや、全然問題ないよ。
これから都内で用事があるし」
女子「私も。かなり前に引っ越したから、浦和は遠いよ」
男子「えっ、そうだったの?」
 
みたいな感じ。
 
 
‥‥。
‥‥‥‥。
よく考えてみると、どちらかというと昔の先生に会うのは「ついで」で、「あの子」と親しくなるきっかけにしたかっただけなのでは?(笑)

 
さすがに賢い若者は、物事を重層的に捉えています。
そしてそんなことは当事者たちはみんなわかっており、僕がそれとわかったのは一番最後。
それに気がついて、彼らの未来がより頼もしく見えてきました。
2人ともきっと周囲を幸せにできる大人になるでしょう。
 
まだまだこれからも、成長が楽しみです。
 
 
※上記の「ダシに使われる先生」みたいな書き方はもちろん冗談です。
昔、僕に習っていた生徒からの連絡は、もちろん大歓迎ですよ☆
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そんな先生、ありかなしかで言えば、完全にありでしょう!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

前回の続きです。
 
僕が考えるのは、近道を探したり、ウラ技に頼ったりするのは最後にしよう、ということです。
他人が苦労して通った道を自分だけは楽をして通る。
他人が努力して受け取った報酬を労せずして手に入れたいというクレバーさ。
そういうことは、(特に小学生においては)生きて行く中で必要に応じて身につければいいことだと感じています。
 
もちろん、効率的に最短距離を選ぶという工夫も必要で、バカ正直が一番と言っているわけではありません。
ですが、目の前の道を全力で走るということそのものを学ぶことが、まず最も優先です。
つまり、子供は「苦労する」ことを学んでから、その後で「楽をする」ことを学ぶべきなんです。
 
人生は苦労の連続で、失敗と成功とを比べたら失敗の方が絶対に多いです。
そして小さな失敗がたくさんあるからこそ、成功の感覚はよりいっそう格別なものになります。
それなのに、大人が「ラクして成功する方法」に飛びついてしまっては、説得力がなさすぎるのではないでしょうか。
 
 
さて、中学入試においては、6年生の夏期講習まで(夏期講習前までにという説明もできますが、最後の1周ををカウントしています)に必要な内容を習得します。
そして9月からは志望校の入試問題形式に慣れ、出題が予想される部分の補強を中心に取り組むことになります。
もちろん、これまでに学んだことが全て完璧な生徒はほとんどいないので、弱点部分も含めての穴埋めをしながらです。
迫る本番で合格したいという重圧・不安も増してきますし、決して簡単なことではありません。
 
ですが、自分が選んだルートをひたむきに進みましょう。
やるべきことを明確にして、全力で取り組むことが一番だと思います。
 
今年のWisardの6年生たちにも、頑張って欲しいと期待しています。
現時点ではまだ、150日後にどんな未来が待っているのかは決まっていません。
でも、試験場で席に着いた瞬間には、もう80%は決まっているんですから。
 
 
※以前に同じような内容を書いたような気がして探してみたところ、ありました
だいたい同じような記事なのですが、ご興味のある人はぜひご覧ください。
(こっちの方が、面白く書けているような気がします‥‥)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
正論すぎて、ちょっとつまらない!!昔の方が良かったんじゃない??と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

ある8月の夜のことです。
いずれHPのリニューアルを検討していて、ネット上で色々なサイトを閲覧していました。
最近ますますWEBデザインも進化しているようで、カッコいいHPは本当にたくさんありますね。
また、WEBでの広告も進化しているのを感じました。
 
表示された広告に興味を惹かれ、どんなサイトだろうと思って一度クリックすると、その広告が追いかけてくるような形で表示されたりするんですね。
そんなことを考えながら、色々な塾のサイトも参考にしていたのですが、
 
 
「偏差値が1ヶ月で20上がる方法」
 
「逆転合格するには!!」
 
「学力が足りなくても、
志望校に合格する方法を教えます」

 
のような広告がやっぱり多いなと思いました。
 
 
こういう広告は、パンチのある言葉で読んでくれる方の気持ちをグッとつかまなくてはなりません。
ですから、自然と派手な言葉を選ぶことになるんでしょうね。
 
例えば、
 
「中高6年間で習う数学を
1時間で復習する本」
 
「1日たったの5分で
英語がペラペラになる方法」
 
「飲むだけで一ヶ月で15kg痩せる、
魔法のタブレット」

 
のような感じです。
 
 
こういうものを見て考えることといえば。
 
「世の中には、いろんな理論の人がいるんだなあ。
それはそれとして、Wisardのチームは正攻法で行こう」
 
ということに尽きます。
 
尽きるのですが、それだけではあまりにもバッサリすぎるので、もう少しだけ膨らましてみたいと思います。
次回に続きます。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
あんまり感じが悪くならないように、ソフトに書いてね!!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村