合格体験エピソード

最後まであきらめない
Mくん(2015年度/城北中学校進学)

ぼくの受験は野球と勉強の両立でした。
野球に行って、車で着替えて塾に行くという日もありました。
なので、家ではあまり勉強をしていなかったので、母が僕をWisardにいれました。
そしたら、家で一人で勉強しているより楽しく、とても良かったなぁと思いました。
分からないことも、分かりやすく教えてくれました。

さて、ぼくは野球が終わった12月からは今まで以上に家でも勉強しました。
すると、成績はぐんぐん伸びて、理科や社会ができるようになった手応えも感じ、1月入試もいい感じで合格して、2月も第一志望校に合格してよかったなぁと思います。
一番下のクラスに落ちてすごく落ち込んだりしたこともあったけど、第一志望合格に向かってあきらめずやったから合格できたのではないかと思います。
Wisardが支えてくれたおかげで、行きたかった学校に進学できてとても感謝しています。
Wisardの先生、本当にありがとうございました。


進学おめでとうございます。

野球との両立を見事に成し遂げたことで、合格の喜びも増しましたね。
合格、本当におめでとう。

確かにあまりに自宅で量をやっていないようなので、算数以外は大丈夫なのかな?と思った時もありました。
ですが、少ない時間でやっつける技術を知らない内に身につけていたことが、最後の伸び、そして連戦連勝の結果につながったのだと思います。
算数は僕が太鼓判を押せる、素晴らしいセンスを持っています。
絵に描いたような理系少年の君が、どんな成長をしていくのか、また部活動との両立ということになりますが、算数の先生としてすごく楽しみにしていますよ!
もしドラフトで指名されたら、サインを下さいね!!(笑)

阿部

閉じる