合格体験エピソード

大変だった受験
Oくん(2015年度/海城中学校進学)

ぼくは5年生の終わりごろにWisardに入った。
第一志望もぼんやりとしていた。
海城の文化祭を見に行ったとき、ここにしたい!と思った。
自分はそのころ生活がすごかった。
宿題は80%はやらなかった。
参考書は3ページで終わった。
おしゃべりが多かった。
短距離ダッシュ系だった。
……親は大変だったと思う(笑)
そんなわけで最後の公開模試での偏差値52のまま海城を受け、落ちてしまったものの、2月11日の繰り上げだったが合格することができた。
最後まで支えてくれた阿部先生、畠中先生ありがとうございました。


進学おめでとうございます。

「短距離ダッシュ系」というよりは「塾で全力、家で脱力系」でしたね。
お母様は本当に大変だったと思いますよ、笑
でも塾での全力が功を奏し、第一志望を勝ち取ることができたその力はさすがです。
しかも第一志望だけでなく、1月の学校からかなり調子良く勝ち進んでいましたよね。
それだけしっかりとお勉強はできていたのだと思います(家では……でもね、笑)

繰り上がり合格は、自分の受験での成績が分かる数少ないパターンの一つですが、合格は合格、中学校のスタートはみんな一緒です。
そこからの積み上げが大事になりますので、気持ちも新たに頑張れるのではないでしょうか。
これからは「家で脱力系」ではやっていけませんので、それは心しておいてくださいね!

畠中

閉じる