合格体験エピソード

ハードだった受験勉強
Yさん(2015年度/栄東中学校進学)

私がWisardに通いはじめたのは4年生の2月でした。
国語は得意だったのですが、算数が全然できなくて…。
6年生になってからは成績が思うようにのびず、得意だった国語もテストで良い点数が取れなくてSAPIXでのクラスが下がってしまったこともありましたが、阿部先生や畠中先生がていねいに教えてくれたおかげで、もとのコースに戻ることができました。
 
2学期になって始めた過去問では、阿部先生がていねいにコメントを書いて返してくれたうえ、解説もていねいにしてくれたので感謝しています。
初めは苦手だった算数も少しずつできるようになっている感じがして楽しくなっていきました。
 
志望校には合格できませんでしたが、私が入学する学校はとてもよい学校だと聞いているので、中学校では受験生のときは出来なかったことをたくさんしていきたいです。
阿部先生・畠中先生・山田先生・木村先生、2年間ありがとうございました。


進学おめでとうございます。

2月の結果は本当に悔しかったと思います。
あと一歩の後押しができなかったことを忘れることはありません。
文章ではとても表しきれないくらいです。

ただ、進学した中学校はお姉ちゃんと同じ学校で、楽しく通っていることを聞くことができて、安心しています。
君の頑張り方はこれからの勉強にそのままつながる取り組み方でした。
積み重ねの威力を君は身体で感じながら勉強しているように見えていました。
英語・数学の学習になってもきっとすごく頑張るだろうと思っています。
それに進学した中学校のスタイルも君を応援して、どんどん引っ張ってくれるものですから、ピッタリの環境だと思います。
6年間、特待を維持しました!という知らせを楽しみにしています!

阿部

閉じる