合格体験エピソード

ウィサードのおかげ!
Yくん(2015年度/巣鴨中学校進学)

僕は巣鴨が第一志望でした。
ただ、最初は過去問を解いても全然とれず、サピックスオープンでは1回50%があったきり、それ以外は30%以下の成績でした。
そんな中、一番苦手だった国語は畠中先生や山田先生に特訓してもらい続けたので、過去問で6割を超せるようになり、算数は阿部先生にいろいろなプリントを指導してもらったのが、とてもプラスになりました。
過去問を通じていつも言われていた「漢字は落とすな」「ていねいにかけ」「算数は(1)(2)を先にやり、そこで失点するな」という指導を守ったから合格できたと思います。
ウィサードの先生方、本当にありがとうございました。

後輩へのアドバイス~巣鴨を受ける人へ~

1.算数は阿部先生がいつも教えてくれるとおり、(1)(2)は落とさないように。
*1~5までで通常は、各(3)までである。
2.国語は漢字をおとさないように。読解が得意な人は‥10問中6問以上。
読解が苦手な人は‥10問中8問以上。
3.理科の生物関係(植物、動物、人体)は学校の教科書を読んだらだいたい解ける。
4.社会は歴史の記号選択がやけに難しいです。慣れておこう。

6割を超せば合格です。
頑張って入ってきてください。


進学おめでとうございます。

真面目にコツコツとがんばる姿を見せてくれたあなたにぴったりの学校に進学できたこと、我々も大変嬉しく思っています。

あなたは、受験する上での「問題が合う学校を選ぶ有効性」を再確認させてくれました。
それくらい巣鴨中学校の問題傾向はあなたに合っていたと思います。
さらにそれだけでなく、巣鴨中学校を第一志望に据えてから、合格するための努力を怠りませんでした。
そのおかげで、2月1日当日は自信を持って校門をくぐれたのではないでしょうか。

巣鴨中学校は様々な経験を積ませてくれる学校ですし、あなたもそれを十分に吸収できるスポンジを持っています。
6年後に「もう吸収しきれないくらい吸収した!」と胸を張って言えるような学校生活を送ってください!

畠中

閉じる