僕にとってのとても良い場所

Mくん(2017年度/暁星中学校 進学)

僕がWisardに入ったのは5年生の11月からでした。
その頃は算数の成績が低迷していたため、算数だけの特別メニューで授業を受けました。
記念すべき最初の授業はとても緊張しましたが、SAPIXの同じ校舎の子もいたことで、最後はリラックスして受けることができました。

6年生後半になると過去問を中心に、毎週夜遅くまで授業が行われました。
SAPIXでは土曜と日曜も授業があったため、とても疲れます。
つらく感じることもありました。
ですが、WisardやSAPIX、また小学校などで友達と接することでストレスを解消することができました。
僕にとって、とてもよい場所でした。

Wisardよりメッセージ

進学おめでとうございます。

君は算数だけを受講しているのに、算数が全然苦手ではない生徒でしたね。
周囲からはゆっくりやりすぎと見えたかもしれませんが、しっかり頭を使って考えていることはよくわかっていました。
頭のいい少年だと思います。

その方向性としては「考える」ということに特に優れているので、「練習する」「暗記する」ということに少し力を入れてみてください。
小学生の6年間とはまた違った学びを、中高6年間ですることができるはずです。

周囲から好かれる君だから、中高でたくさんのつながりを作り、多くの友人ができることは間違いないでしょう。
それに加えて、1人で生きていくためのしっかりした実力をつけて下さい。
時には、自分の才能や価値を主張しなくてはならない場面もあるでしょうが、君にはしっかりした中身がありますから、臆することはありません。
成長を楽しみにしています。

阿部

2017年