【中学受験】2月1日当日朝。受験校を変更した少年。

前回の続きです。
予定では、ベンゲル監督のように、
 
「算数を教えてほしいのか」
「もちろんです」
「なんで100%の力で授業を受けていない生徒に教えなきゃいけないんだ。
僕のプリントを100%でやれ。
そうしたら、君はもっとできるようになる」
 
のようなこと冗談で書こうと思っていたのですが、昨年同じようなことがあったのを思い出しました。
 
 
今年度の卒業生の少年と、進学先が決まった後に話している時のこと。
こんなお話をしました。
 
「先生、ぶっちゃけオレにだけ超厳しくなかったですか??」
 
「あっはっは。
よくわかっているね!!」
 
 
彼はWisardに入ってきたのが、6年生の入室を締め切る最後のタイミングの夏期講習からでした。
9月までは解法知識全般の確認と、大の苦手だった平面図形ばかりを解いていました。
ようやくそれが一区切りした段階で、もう入試までたったの3ヶ月。
ゆっくりしていたら、仕上がる前に入試が来てしまいます。
 
積み重ねは全くなかったものの、彼は頭の回転が非常に早い生徒で、最後の最後まで鍛え続けました。
なんとか間に合わせるために、授業はかなり厳しく進めたのですが、しっかりバレていたんですね(笑)
さすが、鋭いです。
彼はへこたれないメンタルを持っており、同時に諦めが早く、手を抜きたがる性質だったので、容赦しませんでした。
 
 
「先生、サピの先生に「早実なら受かる」って言われたんですけど‥‥」
 
「早実「なら」の意味がわからない!!
僕は合格するとは全く思わない。
それに君が大学附属に行ったら、全く勉強しないでしょ!
却下!!附属の話は禁止!!」

 
 
「先生、この問題、全然わかりません!!」
 
「そんな問題、文章を見ているだけでわかるわけがない!
誰だって、無理だよ!!
玄関の白いテーブルに行って、わかるまで手を動かして考えてくる!
(1)ができなければ、一生戻ってこなくていいから!!」

 
 
こんな感じでした。
うーん、思い起こすと結構スパルタですね(笑)
普段はこういう雰囲気の教室ではないのですが、必要に応じて、ですね。
 
彼は少しずつ実力を伸ばしていき、無事に第2志望校に進学していきました。
しかも、元々の第1志望校は回避するというご相談になっていたのに、まさかの受験。
当日の夕方に伺いました。
2月1日の受験校を当日の朝変更するというのは、Wisard始まって以来初、前代未聞でした。
これを聞いたときは本当にびっくりしました‥‥。
ですが、その選択を自分でしたのですから、悔いのない受験になったと言えるかもしれません。
 
 
さて、第2志望でずっとブレなかった2月3日校に進学するにあたり、勉強も今度は真剣にやると言い切っていました。
6年後の連絡が楽しみです。
その頃には、鬼のような監督ではなく、年老いて引退した好々爺として、彼の活躍を褒めちぎりたいと思っています。
 
ショーンコネリー
 
Wisardの教材サイトはこちらか、右上のリンクから。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在77人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
なんか、プレッシャーかけてない!!??と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。