今年の夏期講習、卒業生の中学3年生がWisardを訪れてくれた時のことです。
卒業直前に書いた記事がこれなので、もう2年以上が過ぎたんですね)
 
話すのは、高校入試に向けてどんな準備をしているの?という内容が主です。
その中で傑作といえるエピソードがあったので、文章として残しておきたいと思います。
 
 
高校入試準備のためにWisardに通っていた頃、彼女は完全に算数型の女の子で、国語の方が苦手でした。
現在もその傾向は残っているようで、どんな本を最近は読んでいるの?と尋ねた時にこんな話になりました。
 
「今でもそんなに読まないですねー。
読めない漢字があったりすると、読む気がなくなっちゃうんですよ。
あとは、長い本より短い本の方がいいです」
 
「中3にもなって、小学生みたいなこと言っているね(笑)
どれくらい読書する習慣があるかが、勉強にも役にたつけれど、人生にすごく影響があると思うよ。
そもそもテストの成績のために本を読むわけじゃないしね。
めちゃくちゃ面白いなと思って、どんどん読みたくなるような本に出会うことが大切なんじゃないかなあ」
 
 
これは常々思っていることです。
数学的な力の土台が10歳前後までにほぼ固まるということは、算数の先生としての経験則で学びました。
同時に、読書の習慣が生きていくための実力に影響することは、自分の学生時代から現在に至るまであらゆる場面で痛感しています。
「学ぶ」ということは人間が常に自然に実行していることで、その中で書籍から知識を得るというラインを持っているかどうかは大きな差になります。
 
 
さて、お話はこう続きました。
 
「エンタメ系の小説でも、いいんだよ。
あぁ、君と同じ中学生に薦められて読んだ、この東野圭吾の「白夜行」はすごく面白かったよ」
 
「タイトルだけは聞いたことありますね。
どんなお話なんですか?」
 
「いや、もう全然覚えていないけれど‥‥(笑)
確か、復讐系だったような気がする」
 
 
「えぇー、勉強系なんですか?
それだったら、あんまり読みたくないなあ‥」

 
 
「いや、勉強とは全然、関係ないよ。
ん??勉強って??
や、ちょっと待って。
少し、落ち着こう。
‥‥‥‥。
‥‥!!!!
君、ま、ま、まさか‥‥‥‥!!!!!!」
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
オチがわかりにくいけれど、じわじわ来るやつだね!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

ある夏期講習の朝。
授業が始まって1分後のことです。
ある4年生の少年が、朝一番から助けを求めてきました。
 
「うぅ‥ノドがカラカラだ‥‥。
先生、お恵みを‥‥」
 
 
朝っぱらから何を言っているのでしょうか(笑)
「ノドがカラカラだ」というフレーズは、意外と実際に耳にすることの少ない言葉ではありませんか?
それがなんだか可笑しくて、つい笑ってしまいました。
 
 
でも、Wisardは飲み物は自由に飲んでいい教室なのですが‥‥
(炭酸以外の、フタのあるものに限ります)。
聞いてみると、コンビニエンスストアで売っている、凍った状態のカルピスを持ってきてしまったようです。
買ったばかりですから、もちろんカチンコチン。
それが一滴も飲めずに喘いでいました。
しかも何度もペットボトルを持ち上げて、飲めないかどうかを1分ごとに試しています。
普通なら、気が散ってしまって目の前の教材に向き合うことが難しいタイミングです。
ですが徒労に終わる動作を繰り返しながらも、頭はしっかり回転していて問題はどんどん解いており、4年生ながらメリハリがある子だなと感心してみていました。
 
しかしあまりにも「お恵みを‥」を連呼するので、お茶を買ってきてあげることにしました。
彼はそのボトルを受け取ると、それをゴクゴクと3分の1ほど一息に飲み干し、一息ついた様子。
そして、おもむろに口を開きました。
 
 
「そうだ先生、それにしても良かったですねえ‥‥」
 
「え?何の話ですか??」
 
「や、理科のテストですよ。
点数が悪かったことが、先生にバレなくて。
隣の子がおとなしい子なんて、本当にラッキーですよ」
 
???‥‥‥!!!。
いきなり何を言いだすんだ(笑)
ブログの記事を不意に引用して、僕を笑わせようとするのはやめてほしいですね(笑)
授業中に一息つきすぎるのも、考えもののようです!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
切り替えスイッチがすぐに押せるのはいいことだ!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

先日の授業中、4年生に約数と公約数の考え方を伝えていた時のことです。
 
「最大公約数を求める時は、まず約数を全部書き出しで求めてもいい。
これが基本。
それから今やった連除法を使うと、計算で求められる。
でも、最終的には見るだけでわかるようになってくる。
感覚的にできることが大切だよ。
例えば96と160だったら、見た瞬間に32だってわかるようになってくるから」
 
すると後ろから、ボソリと声がしました。
 
「フフフ‥‥そうだよ‥‥、
このオレのようにね!!」
 
 
くるりと僕が振り向くと、5年生の少年が不敵な笑みを浮かべています。
 
 
いやいや、君は5年生なんだから当たり前でしょ!!と言っても、知らん顔。
自分の頭でしっかりと考えることのできる、強力なパワーのある生徒にも、謙虚なタイプと大言壮語タイプがどちらもいます。
彼は完全に後者ですね。
何しろ、最近の口グセが「オレは天才だぁ!」なんですよね(笑)
 
「オッケー、正解!!」
「当然でしょー!オレは天才だぁ!!」 
 
というやりとりを1回の授業で3回はしているような気がします。
毎回ちょっと笑いそうになりますが、必死にこらえています。
 
 
そういえば数日前、4年生の少年の授業をしている時も、同じようなことがありました。
少し難しめの書き出し問題を見事に正解した時のこと。
 
「よしっ、正解!!」
「よっしゃあ!!
パーフェクトヒューマン!!」
 
 
‥‥‥‥。
なんにせよ、勢いがあって何よりです。
何年か後に読んだら、何が面白いのか全くわからなそうですが、その勢いは高評価、◎ですね。
溢れんばかりのエネルギーを持って算数を楽しむことは、とても大切です。
 
 
前回の記事で、ブログの方針について書き、↓のリンクの説明をしたら、ものすごく多くの方がリンクを踏んでくれたようです。
読んでくれている人が少なからずいるということに一番驚きました。
↓このINポイントという数字に注目です。
おそらく過去最高だと思います。応援に感謝します!!
 
応援ありがとうございます!!
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
その少年たち、これからが本当に楽しみだね!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

しばらく前の更新で、生徒のお母さんがご自宅でおっしゃっていたことをまた聞きで伺い、それで笑ってしまったお話のことを書きました。
この文章は、珍しく面白く書けた気がしている記事なんですけれど(笑)
夏期講習で、また同じようなことがあったので、記事にしたいと思います。
 
 
最近特に調子を上げてきたな、と感じる女の子がおり、彼女が猛烈な勢いで問題を解いていました。
いい感じになってきたなー、と思いながら様子を見ていた時のことです。
その子がある問題の(1)を解き終えたタイミングで、ふっと顔を上げて、いきなりこんなことを聞いてきました。
 
「先生、お母さんが
 
「先生はブログを書いて、800万円くらい稼いでいるのよ!!」 
 
って言っていたんですけれど、本当なんですか??」
 
唐突な問いに、膝から崩れ落ちそうになりました。
これはもう、爆笑ですね。
 
 
正直にお答えすると‥‥。
 
1円も稼いでいません!!(笑) 
 
過大評価していただいて、申し訳ないくらいですね。
おそらくブログから収益を得るためには、何かしらの広告スペースみたいなものを作ったり、商品の宣伝をしたりする必要があるはずです。
このブログでは今のところ、そういうことはしていません。
 
↓の方にあるスイッチのようなものは、ブログランキングサイトのリンクです。
たくさんの方に押してもらえるとランキングが上昇する類のもので、報酬が発生するようなものではありません。
 
今年度、2日に1回の更新を保っている理由は3つ。
Wisardがどんな教室なのかが文章の端々から伝わっていけばいい、というのが一つ。
それからPC系の知識においては、触っていないとあっという間に時代遅れの人になってしまうというのが2つ目。
最後の1つは、年度の始まりににそれをやってみようと決めたことをとにかく実行している、ということですね。
まあ、いつまで続くのかはわかりませんが‥‥。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そういうことなら、クリックしておいてあげるか!!、と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

夏期講習中のお昼休みのこと。
6年生の昼食の時に、
 
「小学校の宿題はもう終わった?」
「講習前に、全部終わらせたよ!」
「まだ何もやっていない……!!」
 
のようなトピックが話題に上っていました。
 
やはり、「あとは読書感想文だけ残っている」という生徒が何人かいました。
夏休みの課題の定番?なんでしょうね。
まず読まなければ書けない、ということもあるでしょうし、あらすじや一言の感想だけでなく鑑賞文のようなものを用意しなくてはならないので、中学受験の準備をしているような子どもであっても、手を伸ばしづらいのかもしれませんね。
 
 
その中で、ある女の子がこんなことを言っていたことが印象的でした。
だいたいこんな感じです。
 
「読書感想文なんてさあー。
まず、「この本を読んで~~が記憶に残りました」でしょ。
それからその理由。
2つあるといいんだよねぇー。
1つ目は~~、2つ目は~~ってさ。
それで、私はこの本を読んで~~になりました。
終わり!!こんな感じでしょ。
 
私たちがやらなきゃいけないのは、この~~を埋めることだけなんだー!! 」
 
 
超高空から見下ろしていますね(笑)
このどうせ~~しておけばいいんでしょ、という感覚。
とても大切だと思います。
 
算数の問題を解いていく時であっても、
「結局、またつるかめかよ!!」
「どうせ何回か試せば、初めに戻って周期になるんでしょ??」
「どっかに二等辺三角形か正三角形が隠れているんだろうなあ」
「これ、初めからやるより遡って解くパターンだね!」
 
そんなツッコミを内心で入れながら、解けるようになってほしいですね。
 
それが「科目の全体像を把握する」ということです。
「自分で考えられる」生徒は、パターンで処理できる部分とその場で考える部分のバランスが取れています。
 
 
この状態を目指すということは、ほとんど全ての試験の準備に共通することだと思います。
受験生は、そのレベルを目指して頑張っていきましょう。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
子どもらしいとは言えないけれど、そういう子がきっとできる生徒なんだねー、と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村