少しずつ秋になってきました。
 
6年生は8月後半から、志望校へ向けた準備を進める時期です。
算数の志望校対策は、理社のトピックやワード、国語で取り上げられる文章を当てる感覚とは異なります。
ドンピシャで予想問題を的中させることは難しい科目だと思います。
というより触れたことのない考え方というのはほとんどなく、ある意味何をやっても的中します。
 
ですから、まずは問題に取り組む上で武器になる考える力に最後の磨きをかけること。
時間内に取れる問題を確実に取る得点感覚を保ち、向上させること。
さらに、ほとんど出題されないものの、当たると大きい典型的かつマイナーな論点(例えばN進法やトリボナッチ、ままこだてのような問題)を網羅すること。
そして、志望校に出題されやすい単元を厚く扱う形になります。
 
男子はとにかく立体図形を多めに扱います。
出題パターンが限定されており、一気に得点源になりやすい単元です。
(対局なのは速さの単元。
速さができる生徒は基本的に何をやってもできます。
以前こんな記事を前編後編に分けて書きましたね)
 
 
さて、そういうわけで、6年生の少年と立体図形を解いているときのこと。
非常に頭の冴えている男なのですが、時折独特の感覚でしゃべることがあります。
こんなことを言いだしました。
 
「立体切断の問題を解く時は、なぜだかいつも、頭に俳句が浮かんでくるんですよ」
 
「(突然何を言い出すんだ‥(笑))
そうなの?今はどんな句が浮かんだ?」
 
「今浮かんだのは、コレです。
 
実際に やってみなけりゃ わからない
 
どうですか?」
 
 
あっはっは。
どうもこうもないですね。
実際にやってみなくてもわかるように、しっかりした練習あるのみです。
あと120日余りで、どんな出題が来ても、自信を持って解ける力をつけましょう。
 
 
立体は いつもおんなじ カンタンだ
 
本番で、こんな句が頭に浮かぶことが目標ですね。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
‥‥‥。2人とも俳句のセンスなさすぎ!それから俳句じゃなくて川柳でしょ!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

「たぶん間違っていると思うんですが‥」
「一応、答えは出しました」
 
そう言って、自信なさそうに答えを見せようとする生徒は少なくありません。
ひどい時には、
 
「間違っている自信があります」
 
などと言ってくることさえあります。
特に、教室に通い始めて1年以内の生徒に多いアクションですね。
そういう時は、僕は答えを見もしません。
もう一度、確かめるように伝えるだけです。
先日の授業中もある生徒が、同じようなことをぶつぶつ言いながら手を挙げました。
 
 
ここから先は、真面目な話です。
算数では、「とりあえず出した答え」にはほとんど価値がなく、それが正しいのかどうかをいかに考えられるかが勝負なんです。
ですから授業中は、
 
「ただ答えを出すだけじゃダメ!!
正しい答えを書くんだ!!」

 
ということをいつも言っています。
自分の通った道筋を確認するだけでなく、別のアプローチから解答を確認することで、確信を持って答えを出すことができます。
そのテクニックを身につけているかどうかは、まさにゼロとイチ。
得点力に雲泥の差が生まれます。
 
同様に「12!」「バツ!」「(間髪入れずに)じゃあ、13!!」
のようなやりとりも厳禁です。
「じゃあ」とは何事だ!!ということになります。
これは算数でなくても一緒ですね。
「アです!!」「バツ!」「じゃあ、ウ!」
というのでは、学力がつくわけがないんです。
 
 
さて、以上のようなことを30秒ほど喋った後のこと。
 
神妙な表情で聞いていた、その生徒がニッコリ笑って言いました。
100万ドルの笑顔です。
 
「先生、わかりました。
わたし、やっぱり自信があります!!!」

 
‥‥‥‥。
そういう意味ではないんですが(笑)
本番まであと150日を切っています。
2月1日は、本当に「自信のある」答案を提出できるような実力をつけてほしいと思います。
 
 
※初めて書く内容の気がしなかったので、調べてみるとわりと最近にも書いていました‥‥。
算数の授業中、冷たくあしらわれる発言(前編)
算数の授業中、冷たくあしらわれる発言(後編)
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そのポジティブさがいい方向に向かってほしい!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

つい先日、2期生の女子2人が遊びにきました。
今年、大学1年生になったばかりの2人と話して、
一番に感じることといえば。
 
 
非常におしゃべりだな。
 
 
ということ。
 
間違えました(笑)
そうではなく‥‥‥‥
 
 
現役だな。
 
 
ということです。
「現役」という言葉をどういう意味合いで使っているかというと‥‥、
2人にはもう大学入試が終わった安心感などはなく、これからのことに焦点を合わせているということです。
医療と法曹という全く異なる分野を選んだ2人ですが、その点は共通。
それぞれ国家試験や大学院入試という、学力で勝負する試練が待っています。
その上、そこから先だって平坦な道ではないでしょう。
 
自分の望む道を切り開けるかどうかは、これからの頑張り次第。
それがよくわかっている感覚がありました。
 
 
それに比べれば、今の僕の立場は退役しているようなものです。
 
「国家資格を取っても、大学院でもう2年勉強したい」
「次の道を進み始めたら、もうやり切るしかない」
 
というようなことを聞いても、おおよその方向性をぼんやりとしか、理解できないのです。
コーチは現役の選手よりも早く走ることはできません。
僕に伝えられることといえば、
「バイトなんかするな!今の時間を大切に。とにかく勉強しろ!」
ということくらい(笑)
これから、もっともっと僕がスピードについていけないような成長をしてほしいと思います。
 
 
さて、医療の道を選んだ生徒のことで、思い出したエピソードがあります。
7年前はAKBが大人気の時期でした。
授業中、
「こんな易しい問題間違えるくらいだと‥‥
AKBに入ったりした方がいいかもよ?」
と僕が軽口を叩いた時、
 
「ああいうのは遠くから見てるだけでいいです。
私は勉強でやって行きたいです」

 
と真顔で言い返されたことをよく覚えています。
そういうひたむきさを持っている人間は、きっと自分の望む道を切り開いていけるはずです。
Wisardで勉強した時期、身につけたことが、その支えになってくれればいいなと思っています。
 
 
それから帰り際。
最近は大学生がお酒を飲まないようになって、本当に良かったよね、というお話が挙がった時のこと。
法学部の生徒が、強烈な一言を残して帰って行きました。
 
「高いお金を払ってまであんなマズいもの、全然飲みたくありません!
まして、法を犯してまで!!
私は法学部の学生よ!!って感じです」

 
あっはっは。
いい心構え、いいエネルギーですね。
まだ未来は定まっておらず、宙にプカプカと浮いているような時期。
それをしっかりとつかんでほしいですね。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
抽象的な話が多いブログね!!専門の中学受験では、ちゃんと具体的かつ実戦的なアプローチをしなさい!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

先日、読んでいた小説の1節にこんな内容がありました。
伊坂幸太郎の「オー!ファーザー!」という作品です。
小学生でも高学年であれば読める内容なので、Wisardの本棚に置いておきます。
小説を読んでいる中で、後々どこかで使えそうな文章を見つけ、いきなり写真を撮るようになってしまいました。
やや職業病っぽくて、微かな不安を覚えるのですが(笑)
 
以下引用です。
主人公と、父親の1人(!!)悟との会話。
 
 
「学校の試験だとか入試問題は、結局、スピードだ。
試験時間をいかに多く持つかにかかっている。
反射神経で解ける問題をどれだけ増やせるか、だからな。
ゲームみたいなものだよ
 
「まあね」
 
昔から悟は
「試験で良い点数が取れるのと、頭の良さは一致しない。
ただ、まったく別物でもない」
とよく言った。
 
「物事の本質をぱっとつかむのは本当に大事なことで、それは試験問題を解くのと似ているかもしれない。
一方で、試験は苦手でも、頭がいい人間もたくさんいるけどな」
 
「頭の良さっていったい何だろう?」
 
「まあ、まずは、(以下省略 引用終わり)

 
 
こういう捉え方もあると思います。
付け加えるとすると、反射神経だけでなく、考えの深さを問われる局面もあるということが1つ。
それから、「試験問題で良い点を取るための準備」の中には、「ダイレクトに頭が良くなる」内容と、「知識を学ぶのみで頭の良さには関係ない」内容の2種類があるということです。
 
 
算数の試行系の内容などは、典型的な前者の内容です。
わかりやすく説明すると、生徒はこのような頭の使い方をしています。
 
「この疑問点を解消したい。
こう仮定したら、どうだろう?
Aプラン・Bプランではダメで‥Cプランでは説明がつくみたいだ。
本当にそうだろうか?
きちんと筋が通っているか、確認してみよう」
 
「この目的を達成しなくてはならない。
5つのプランがあるけれど、どれも一長一短で決め手がない。
全てを試す時間はないから、ざっと見通しを立てて1つに絞らなくては。
どれがベストの選択か、分析してから始めよう」

 
 
どうでしょうか?
算数の力が、反射神経や計算力で決まるというロジックとは、少し離れてきますよね。
 
「数字を使って考える」練習をしているのではなく、「数字を使って」考える練習をしている
というのがポイントです。
 
ただ、このレベルまで到達するためには、ある程度の反射神経が必要なことも間違いありません。
そこを乗り越えて、考えることを楽しめるようになった生徒を育てるのが、中学受験算数の大きな役割だと考えています。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
伊坂幸太郎、ほぼ関係ないよね!!まあ、読んで損はしなかったけれど!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

  • 算数と「頭の良さ」の関係 はコメントを受け付けていません。

先日の授業でのこと。
ある少年が基礎トレをサボっていることが発覚しました。
 
「4日間も穴があいているじゃないか!!
これをサボったら、絶対にダメだよ!
居残りして、やって行って!!」
 
そう言われて、彼は口ごもります。
 
「えーっと‥‥‥もしかしたら残れないかも‥‥‥‥‥」
 
「どうして!? 理由は!!!」
 
「いや、あの、コードブル‥‥‥いや、なんでもありません。
わかりました。やります!!!」
 
 
そんなやりとりをしている横で。
 
ある女の子が、解いているプリントから視線を上げずにこう呟きます。
 
「もし私だったら、家族のことを理由にして話すわ。
そうしたら、先生もノーとは言えないでしょう?」

 
 
それを聞いた別の少年が、これも視線を上げずに
 
「フッ。甘いな。
今それを言っちゃ、もうその口実は使えなくなる。
それはまだ、口にしたらダメなんだ」

 
 
そう言われて、女の子は顔を上げ、にっこり笑ってこう言い返しました。
 
「大丈夫!
一度明かした手はもう二度と使わないから。
他にいくらでも手はあるわ!!」

 
 
‥‥‥。
この子達は、もう少し前向きな方向にその頭脳を使うべきですね(笑)
ほとばしるような才能は感じるのですが‥‥なんとかプラスの方向に持っていきたいものです。
 
 
↓Facebookを活用し始めました。イイね!をお待ちしています。
イイねしてくれた方は……現在66人です!

Wisard Facebookページ
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
や、それくらいものがわかった小学生、間違いなく見所があるでしょう!!!と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村