【中学受験】お友達をつくるためにNintendo Switchは必要か?

 
個人面談の際、とあるお母さまからこんなご相談を伺いました。
 

「子どもから、
 
「小学校のクラスのお友達は、
みんなゲームのお話で盛り上がっている。
僕には、共通の話題がない。
だから、Switichを買ってくれ」
 
と言われています。
 
いまは5年生の夏休みで、
まだギリギリ買ってあげても、
6年生になるまで、という約束ならいいかな、
と思っているのですが、先生はどう思いますか?」

 
 
僕はこんな答え方をしました。
 
いりません。
買ってはいけません。

 
Nintendo Switchのいくつかのゲームの中には
中毒性が高いものが何本かあるようです。
ゲーム依存に近い状態に陥って、
数カ月を無駄にする中高生がたくさんいます。
 
ゲームを買い与えた後で、
子どもがゲームに夢中になることを憂えるのは、
まさに本末転倒です。
 
その手の「面白すぎる」ゲームは、小学生が遊ばなくていいでしょう。
中学受験云々ではなく、
判断力のある年齢に育ってから、
遊べばいいと思います。
 
 
いまはスマホでもIpadでもゲームは十分にできます。
短い時間であれば、お子さんがやりたがるゲームを
やらせてあげたらどうですか?
マンガを読んだり、小説を読んだりすることもできますし。
 
あと、広告の時間をなくすために、
ゲームに買い切りで課金する、とかはありえるでしょう」
 
 
この答えが正しいかどうかは読者の方にご判断いただくとして、
「いらない」という結論は、おそらく正しいと思います。
 
小学生の時間は貴重で、
ゲームでヒマつぶしをするには惜しいです。

 
 
ただ、「ゲームをすることで人生がこの上なく幸せになる」人も
もちろん存在するでしょうから、
全面的に否定するわけではありません。
 
どうなんだろうな、と思って、
6年生のクラスで(彼ら中学受験生は仮にゲーム機を持っていたとしても、
すでにゲーム禁止の時期に入っています)、
生徒たちに問いかけてみました。
 
 
すると、こんな答えが口々に返ってきました。
 

「そんなものはいらない」
 
「ゲーム持ってなくて友達ができないんだったら、
持っていない人と友達になればいいじゃん」
 
「ゲームは慣れていないと意外と疲れる。
そのあと何もする気がなくなっちゃうから、好きじゃない」
 
「ゲームの話ばっかりしている奴はいるけど、
それ以外に話すことないのかよ!といつも内心は思っています」
 
「きっとウソだよ。ただ、なんとなく欲しいだけだろ」
 
「持っていない人は他にもいるから、
友だちは絶対できる」

 
 
自分たちはゲームを我慢している反動もあるのか(笑)
全面的に賛成する意見をいただくことができました。
 
【結論】。
共通の話題作りのために
ゲームを買う必要はない

 
↓5年前に書いた記事です。
いまとあんまり変わらない意見かな??
 
【中学受験】小学生のゲームとの付き合い方。
 
 
↓読者の方のクリックで、このブログの価値が決まります。
他に面白いことはたくさんあるから、それを見つけてほしいよね!! と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

中学校受験ランキング
 

1 個のコメント

  • 卒業生ですが子どもがいつも使う常套手段です。僕もみんな持ってるからPSvita欲しいって言いましたから。
    (年が大体バレますね。笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。