【中学受験】卒業生が語る「公務員試験で、中学受験の算数を思い出した!」

 
暑さもおさまってきて、
秋風らしきものも、ふいてきましたね。
 
さてそんな中、大学4年生になった卒業生からお電話があり、
約10年ぶり(!!)にWisardの教室を訪れてくれました。
 
 
お話を聞いてみれば、
来春から東京で特別区職員として働くことになったそうです。
 
さすが公務員!!
ブログでたびたび言っているのにも関わらず、
いきなり来る卒業生とは一味も二味も違います。
きちんとアポイントを取ってから、きてくれました。
 
 
大学附属の女子校の進学した彼女。
大学受験というわかりやすいハードルがなくとも、
きちんと勉強する姿勢が継続できたようで、
大学でも学校の授業に加えて、
資格試験の準備も頑張っていたそうです。
 
 
10年前の明るい性質も変わっておらず、
まったくWisardとは接点のなかった10年間で、
しっかりと成長したことが感じられました。
 
小学生だった生徒が、
いきなり大人に変貌するところを見られることは、
ふつうめったにありませんよね?
そんな機会があるのもこの仕事のいいところですね。
 
 
しかも、こんなことも言ってもらえました。
 

「公務員試験の筆記では、
20科目(単元?)もある試験を受けるんですけれど。
中学受験の算数、そのものでした。
 
めちゃくちゃ、役だちました!
比の問題、図形、資料解釈、数的処理………
そこらへんは、中学受験の算数そのまま!でした」
 
 
何年かぶりに、Wisardでの先生の教え方が、
脳裏によみがえりました!

 
 
まあ、配点全体のほんの一部なのだとは思いますが、
今になってこんなことを言ってもらえるのはありがたいことです。
 
 
そして、これからの志を話してくれました。
 
「私が働く区は企業数と大使館数が多いんです。
だから、官民連携事業を推進していきたい1
 
国が持っているリソースを活かして、
区民・行政・民間企業みんながプラスになる活動を、
応援できたらなと思っています」
 
 
こんなことを語れるようになるなんて!!!
 
これからたいへんなこともたくさんあるででしょうが、
いつも志を高く持って頑張ってほしいと思います。
 
 
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
OK!!グッドエピソード!! と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

中学校受験ランキング
 

1 個のコメント

  • 公務員試験の教養試験の中の最重要科目、数的処理は中学受験の算数ですね。私は人文社会科学が専門ですが中受の社会が出来ていれば可成イケます。中受経験者は公務員試験は有利ですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。