第1志望は無理じゃなかった

Kさん(2021年度/雙葉中 進学)

私は5年生の後半からWisardへ通い始めました。

算数が4教科の中では特に苦手でした。
特に計算ミスをしてしまうので、
計算のプリントを大量に渡されましたが、
ミスしたり時間がかかったりして、
かなり授業が延長してしまったときは、すごく悔しかったです。

新6年生スタートのテストではよくない結果でクラスも下がり、
第1志望は無理かなと思っていましたが、
Wisardで算数の授業を受けているうちに、徐々に解けるようになってきました。

結果は、第1志望の雙葉中学校に合格することができました。


阿部先生、畠中先生、ありがとうございました。
最後に、間違えた感じを集めたノートを作ったり、
授業で大切そうなことを集めたメモを作り、
入試の前に読むと安心できます。

Wisardよりメッセージ

進学おめでとうございます。

2月1日の夜。
雙葉の今年の入試問題を解いてみて、
君の合格の確率は相当に高いな、と思いました。

算数が最も課題になる教科で、
他の科目は安定した結果をのこしていたあなた。
ですが、本番は驚くほどスラスラと解けたのではないでしょうか。

実際はここ10年では最も易しいセットだったので、
ほとんどの受験生がそう感じていたはずなのですが、
自信をもって第1志望の入試を最後まで戦うことができたはずです。
算数さえパスした後は、得意の国語で得点を伸ばし、
一気に合格に近づいたのではないか、と想像します。


1年間、算数に向き合い、
逃げることがない準備をしてきたからの合格だと思います。
黒板授業で難しめの問題を扱い続けても、
一度も音をあげることなく最後まで頑張ってくれました。
外見は穏やかな印象でしたが、
ご両親が「姉よりいい学校に行くつもりでいる」というくらいの気持ちの強さがありましたね。

雙葉はお母さまのご出身の学校ということもあり、
特別な志望校でした。
君の努力でつかんだ結果です。
合格、ほんとうにおめでとう!!

阿部

2021年