【中学受験】教室の外に見知らぬ青年が立っていると思ったら、武蔵中学校の生徒だった。

 
授業中のことです。
教室の外に見知らぬ青年が立っていました。
Wisardの中をのぞきこんでいるので、
誰だろうと思い、教室の外に出ると…………。
 
「先生、お久しぶりです」
 
の声。
 
 
…………。
………………………。
 
誰だか
まったくわからない(笑)

 
Wisardは人数がとても少ない教室なので、
生徒を忘れることはまずありません。
 
つまり、僕が忘れているのではなく、
男の子なので成長しすぎ、
昔の姿と今の姿が結びつかないのです。
 
誰だ?
このメガネをかけた、物静かそうな青年は?
 
 
「ヒントが必要ですね。
高校何年生ですか?」
 
「いえ、中学○年生です。
武蔵に通っています」
 
 
そこでやっとわかりました!
 
昔はいつも笑っている感じの少年だったのですが、
今は落ち着きがあり、
以前はかけていなかったメガネをしていたので、全く分かりませんでした。
かなりカッコいい青年になっていましたね。
 
 
………。
…………………。
 
2年ちょっとで、
変わりすぎですね(笑)

 
天才科学者の卵、という印象でした。
 
男の子は中3から高1くらいまで、
成長が止まりません。
つまり…………。
次に会ったらまた、誰だかわからなくなっているかもしれないわけです(笑)
 
 
しかし、賢そうな青年だったなあ、と思います。
これからが楽しみですね。
 
このブログ記事、読んでくれているかな?
 
【中学受験】東日本大震災の瞬間。4才の少年はどう行動したか。
 
 
 
↓ブログ更新のモチベーションとして2つのブログランキングに登録しています。
そこは一目見るだけで、わかろうよ!!……、と思ってくださった方はクリックをお願いします。
クリックはそれぞれ1日1回まで有効です。
 
 
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
 

中学校受験ランキング
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。